涙を流す女性

いつも我慢するのは私のほう。

辛いことも多いし、我慢しなければいけないこともたくさんあって、普通の恋人同士のようにデートもできない。

不倫をしている女性の中には、相手の男性に対して不満に思うことも多かったり、良くない関係だと思って別れなければいけないと思っている人もいることでしょう。

相手の男性の態度が冷たくなってきたのを機会に連絡をやめて離れよう!と決意しても、やっぱり何だか離れられない…それは何故なのでしょうか?

最近何となく彼から連絡が少なくなったけど、やっぱり離れたくない!そう感じたときに別れたがっている彼の気持ちをつなぎ止める方法は?

実は、連絡をやめたほうが彼から離れられなくするチャンスを得られることをご存じですか?

今回は、不倫相手との連絡をやめたいと思っている女性や、彼との別れを回避する方法を知りたい女性、そして関係を解消しようと思っている女性へ役立つ情報を紹介します。

目次

不倫相手との連絡をやめたいのにやめられない!ズルズル続けてしまう理由

別れた方がいいのは分かっているのに…踏ん切りがつかない心

愛しそうに彼を見上げる女性

彼と別れたほうがいいことは分かっているけれど、やはり好きになってしまった人だからこそ、簡単には離れられないという気持ちがあるのでしょう。

既婚者の男性からすれば、本気の恋ではなかったとしても、女性側からすれば、本気の恋なのです。

彼のことを本気で愛していて、いつまでも一緒にいたいと思っている気持ちは、不倫だろうが双方が独身同士の恋だろうが、関係なく共通しているものです。

だからこそ、“不倫はいけないこと”だと分かっていても、そう簡単に切り離すなんていうことはできないという感情は当たり前のものだといえます。

一度人を好きになれば、その人を好きでなくなるのは容易なことではありません。

よほど適当な感情で付き合っていたのでなければ、「じゃあ、好きなのは今日までで!」なんて割り切ることはできないと思いますし、そんな気持ちで付き合っていたのであれば、連絡をやめたいのにやめられないなどと悩むことはないでしょう。

連絡をやめたいのに、やめられない、やめようとすればすぐに連絡を絶つことができる状況にあるというのは、彼に対する気持ちに関して、自身の中で割り切って捨て去ることができず、まだ彼との関係に対して未練がある証拠です。

もう少し頑張れば…この先の未来への期待を捨てきれない

願いを抱く女性

彼との連絡を絶とうと思っても、断ち切れないのは、その先の未来にまだ期待してしまっている心があるからです。

連絡を絶とうとしているということは、少なからず“彼との別れ”というものを意識しているからですが、終わりを感じると楽しかった時のこと、彼といて幸せを感じることができた瞬間が走馬燈のようによみがえってくるものです。

その感情に流されて、「今辛い思いをしているけど、もう少しだけ私が頑張れば報われる日がくるかもしれない。」とか、「もっと楽しい思い出が作れるかもしれない。」と未来に期待してしまうのです。

一種の自己犠牲のような形で、自分が我慢すれば丸く収まると考えてしまうわけですが、男女平等の立場だからこそ、本当に幸せだと思える恋愛ができるのであって、あなたばかりが我慢している恋愛は、決してフェアではありませんし、もっと幸せになれる恋愛があるはずなのです。

一度冷静になって、自分と彼の関係を客観視してみましょう。

あなたばかり我慢しすぎていませんか?

彼はあなたのために頑張ってくれていることはありますか?

何より、不倫とはいえど2人の関係はフェアなものになっていますか?

このタイミングで連絡を絶つことで拓ける未来もあることを忘れないでくださいね。

私は離れたいと思っているのに!彼からの連絡に返信してしまう…

悲しげにスマホを眺める女性

自分からは連絡を絶とうとしていても、彼からの気持ち踏ん切りがついていないのであれば、その心は揺るぎないものにはなっていなのでしょう。

心のどこかでまだ彼を好きという気持ちを消すことができないから、苦しんでいる時期にあるのだと言えます。

この苦しい時期を乗り越えれば、自分の明るい未来を見据えて、この別れを経て自分がもっと幸せな恋愛をすることができると前向きになれるのです。

しかし、まだこの状況を抜け出せていない時期に、彼から連絡がきてしまった場合、つい返信してしまって結局連絡を絶つタイミングを逃してしまう…なんてことも珍しくありません。

好きな気持ちが消えていないからこそ、連絡がくることが嬉しい。

返信しなければきっと彼は不信に思ったり、怒ったりするから、別れることができるかもしれないのに、結局それができない。

それは、連絡をしてくる彼のせいではありません。

彼への「好き」という感情を消し切れていない自身の感情が原因なのです。

不倫相手の彼がひそかに出している別れのサイン。別れ回避の為に知るべき破局のサインとは?

前はもっと頻繁だったのに…連絡の頻度が極端に減った

置かれたままのスマホ

付き合うことになってからこれまでの間に連絡の頻度がどんどん減っていく…そんな寂しい状況になっていませんか?

最初のうちは、彼からあなたに関する質問がたくさん送られてきたり、会えない日には電話がかかってくるなど、メールやLINE、電話を使った連絡の頻度が高かったのに、急にそれが減ってきたことに嫌でも気づかされる瞬間があるなら、彼の気持ちが冷めてきた可能性があります。

もちろん、付き合い始めの頃の連絡の頻度を保ち続けることはなかなか難しいでしょう。

多少は連絡の頻度が落ち着いてしまうことはあるので、付き合った頃の比較するのはおすすめできません。

けれど、最近になって極端に連絡の頻度が減ったと実感できる、または少しでもあなたの中で違和感を感じるのであれば、彼の別れたいと思っている気持ちを疑うべきです。

これ以上関係を続けていく気がないからこそ、会えないときにあなたをつなぎ止めておこうとする感情が働いていないのです。

あなたが彼に対して連絡をとってみましょう。

「いつ会える?」とか、「○日は空いてるんだけど、予定はどうかな?」というような返信をしなければいけない内容ではなく、あえて「今日はこんなことがあって、あなたのことを思い出したよ」というような、面倒臭ければ返信しないだろうな、というような内容にしてみましょう。

以前にも送ったことがある内容と似せてみるのも良いでしょう。

これに対して彼の返信がくるかどうか?あまり相手を試すことは良くありませんが、彼が別れたがっているなら試してみる価値はあります。

彼が返信をくれるかどうか、返信までにどのくらいの時間がかかるか、そしてその返信内容はどんなものか?

これによって彼の考え、気持ちが分かるでしょう。

次に会えるのはいつ?約束をしてくれなくなった

花と誓い

不倫関係は、いつでも会いたいときに会えるわけではありません。

だからこそ、会っている時間に次の約束をするカップルも多いことでしょう。

もちろん、急遽時間ができたときに「これから会える?」とお互いに声をかけることもあるでしょうが、彼のほうが冷めてしまった場合には、会う約束自体をしなくなってきます。

会えても、次に会えるのがいつか分からないとか、しばらく忙しいからといった理由で約束をしてくれなくなるのです。

あなたのほうから「○日と○日が空いているよ」と声をかけても、「まだ分からないから、会えそうなら連絡する」とか、「多分そこは無理だから、別の日でまた予定を立てよう」というような返事しか返ってこず、会える日を特定できないことが多くなってきたら、それは彼の別れたいというサインかもしれません。

また、これまでは少しの時間でも作って会ってくれていたのに、“あまり時間がとれない”ことを理由に会うことをやめてしまうという変化が現れたら、それも別れたいというサインの一種になります。

好きな人のためであれば、少しでも時間を作ってあげたいと思うものですし、好きな人になら例え5分でも10分でも時間を作って顔を見たいと思うものです。

それができない、したいと思えないというのは、相手への気持ちが冷めている証拠です。

え?しないの?セックスの回数が減った…

寂しげに横たわる女性

不倫関係において、肌の触れ合いというのは男性が重視しているものです。

もちろん、決して身体目当てで女性と付き合っている不倫男性ばかりではありませんが、それでも不倫相手とのセックスなくしては関係は成り立たないともいえる面があります。

そのため、相手の男性とのセックスが減ったと感じたのであれば、彼があなたに対して抱く気持ちが薄れてきていることを指しています。

セックスだけでなく、キスや手をつなぐなどといった行動もしなくなるのであれば、彼はあなたと別れたがっている可能性があると考えられるでしょう。

あなたに対して好きと思う気持ちがなくなってきているため、あなたに触れたい、もっと触れあいたいと思う気持ちもなくなってしまうのです。

また、もっと不倫相手の気持ちを理解している不倫男性であれば、触れあうことであなたに「自分から愛されている」ということを実感して欲しくないから触れないようにしているという考えかたもできます。

口だけの「好き」や「愛している」だけでは不安でも、彼に抱かれると幸せを感じますし、「愛されている」と安心することができる女性がほとんどです。

彼もそれを分かっていて、「自分が相手のことを愛していると思われたくない」という感情から、不倫相手に触れる頻度が減ってくるのです。

「いつ?!なんで?!」二人の関係がバレるかもと言われた!

襟に残ったキスマーク

不倫関係において、双方が一番避けたいと思っているのは“バレること”ではないでしょうか?

一番は、彼の奥さん、そして会社や周囲の友達など、人には知られてはいけない関係が不倫ですから、お互いに必死にバレたくない相手にはバレないで済むよう、心がけて関係を続けていることでしょう。

そんな中で、「バレるかもしれない」と言ってくるというのは、彼からの遠回しの“別れたい”というサインである可能性が高いでしょう。

もし、彼があなたと別れたくないと思っているのであれば、バレてしまったのであればまだしも、バレそうになったという時点ではあなたに伝えることなく自分一人でそれを必死に隠し通そうとするはずです。

それは、「バレそうだ」と言われたところで「それでもいいから一緒にいたい」という女性は少ないことが分かっているからです。

バレそうなことを伝えれば、きっと相手はバレることを恐れて自分のもとを去ってしまう…それが嫌だから自分一人で何とか事を片付けようとします。

それをせず、「バレそう」だということを直接あなたに伝えてくるということは、あなたから「じゃあ別れたほうがいいかな。」と言わせようとしている可能性が高いと言えるでしょう。

自分からは別れを告げないで、あなたから別れを切り出させて2人の関係を終わらせようとしているちょっとずるい別れのサインですね。

こんなことを言われたら、「いつ?どうしてバレそうになったの?」と詳細を聞いてみましょう。

相手が曖昧な表現をしてきたり、聞き出した話に矛盾があるようなら、バレそうなのは嘘で、あなたから別れようと言わせているのだと判断できます。

不倫相手に連絡をやめるメリット。メールやlineを辞めるだけで彼に起こる男性心理の変化

男性本来の“狩る本能”をくすぐることができる

動物の本能

男性は本来、狩猟本能が備わっているもの…つまり追いかける本能がとても強い動物です。

そのため、自分が追いかけられることはそこそこに、追うことに夢中になれるものなのです。

むしろ、追われすぎることは苦手な人のほうが多いといっていいでしょう。

不倫相手の女性を追いかけて自分で捕まえたことに満足しても、その後に女性のほうからあれこれと追われてばかりいるとだんだんと面倒くさいと感じたり、飽きてきてしまうのです。

自分が狩りをしなくても獲物のほうから身を捧げてきてくれるなんてことは、野生の世界の中ではまずありませんよね?

ここで、男性が持つ本能を封じてしまうような状況が生まれてしまうのですから、男性がやる気をなくしてしまうともいえるでしょう。

メールやLINEにしてもそうです。

自分から罠(メール・LINE)を仕掛けなくても、相手から近づいてきてくれる。

最初のうちはこんな状況に心地よさ、楽さを感じることでしょう。

しかしそれも最初のうちだけです。

簡単に手に入ってしまう女性に、物足りなさを感じてしまうようになります。

そうならないためにも、自分から彼に連絡をしないようにすることで、男性が向こうからあなたへコンタクトをとってきてくれるようになるのです。

相手が来ないことで、男性に追いかけたいと思わせる女性になることができます。

実は女性より寂しがり屋!放っておかれることに耐えられない!

寂しげな後ろ姿

男性は、時に女性以上に寂しがり屋で甘えん坊な一面を持っています。

これまで自分に対して優しくしてくれ、かまってくれていた存在は、最初のうちこそ感謝していても、だんだんとそれが当たり前になってくるに連れて、鬱陶しいと感じられてしまうようになります。

身近な存在でいえば、両親のような存在になってしまうといえば分かりやすいかもしれません。

自分のことを大切に思ってくれていることは分かっているけど、あまりしつこくされると「うざい!」と感じられてしまう、そんな感じです。

そこで一度、あなたから彼への連絡をやめてみるとします。

すると、男性は途端に誰もいない空間にポイッと置き去りにされたような感覚に陥ります。

くると思っていたはずのあなたからのメールやLINEが来ないということが、自身の想像以上に寂しいこと、切ないことだということにそこで初めて気づかされるのです。

もともと、既婚男性は心にぽっかり空いている寂しさという穴を埋めるために不倫をするというタイプが少なくありません。

寂しさを埋めるために始めた不倫のはずが、相手があまりにも自分に優しく、甘やかしてくれることに慣れてしまったことで、あなたという存在のありがたみを忘れてしまっているというわけです。

あなたからの連絡を止めてしまうことで、彼にあなたの存在の大きさを気づかせてあげることになります。

彼女が突然天然記念物のように思えてくる男性心理って?!

花束を持つ女性

どこにでもあるものより、珍しいものへ興味をひかれるというのは、男女問わず共通している点ではないでしょうか?

簡単に手に入れられるものより、手に入りそうで入らない、努力してやっと手に入れたもののほうが、大切にしたいと思えるものです。

彼への連絡をやめることで、彼にとってのあなたという存在が、とても希少価値の高い、大切な存在だと認識させることができます。

放っておいても自分から連絡をくれる彼女だったのが、あなたが彼への連絡を止めてしまうことで「自分から連絡をしないと繋がることができない貴重な存在」へと変わっていくのです。

それどころか、自分が一定の努力をしないとどこかへ消えてしまうかもしれない、そんな存在になっていきます。

男性にばかり楽をさせてはいけません。

あなたばかりが連絡をしているというのは、彼に楽をさせていることになってしまうのです。

楽をすると男性は手に入れたものに抱いていた愛着を忘れてしまいます。

心の駆け引きも時には大切なのです。

「俺のものじゃないの?」彼の独占欲をかき立てる

手首を縛られた女性

独占欲というのは、女性よりも男性のほうが強いものです。

また、その独占欲から生まれる「失うことに対する不安」というのも、男性のほうが感じやすいものだと言われています。

そのため、あなたからの連絡を止めることで彼の持つ独占欲に不安という一滴のしずくを落とすことで、「もしかしてこのまま失ってしまうのではないか?」という感情を生まれさせることができます。

あなたの心が自分のもとにある、自分があなたを独り占めできていると彼が認識している間は、彼の独占欲というのはごく平和な状態に維持されています。

これが、慣れっこになってしまうと男性はあなたに対して魅力を感じなくなってしまいます。

「放っておいても気持ちはここにあるだろう」という感情が働くわけです。

これは、あなたが普段彼へメールやLINEを頻繁に送っているところに原因がのかもしれません。

既にあなたが自分のものだからと彼があぐらをかいてあなたとの関係に何の努力もしない状態になっている可能性があります。

あなたが彼への連絡をやめてしまうことで、彼は急に不安になります。

あなたが自分のものだと安心しきっていたことに、急に後悔するのです。

独占欲が暴れ始めた状態になった彼は、あなたを自分のもとから手放すまいとマメに連絡してきたり、デートの約束を持ちかけてくるなど、あなたを追いかけることに夢中になり始めます。

「あれ?どうしたんだろう?」という気持ちが「やっぱりあいつのことが気になる!」に…

思案に耽る男性

あなたが彼への連絡をパッタリとやめた場合、そこにいてくれることが当たり前になっているあなたとの距離が急に開いたような感覚に、男性は最初は戸惑うことでしょう。

「どうしたんだろう?」「何かあったのかな?」と、心配をしてくれ、気にかけてくれるようになります。

それでも、あなたからのメールやLINEの頻度が以前と違うことに、男性は寂しさを感じるようになってきます。

あなたに対して、心配、寂しい、不安などといった感情を抱き続けるわけですが、途中で男性はあなたのことをたくさん考えている自分に気づきます。

「あれ?彼女のことばっかり考えてるな」と気づいたとき、その感情が何なのか、彼にはすぐには分からないかもしれません。

それが、自分が放置されていることへの寂しさや苛立ちなのか、あなたへの恋しさなのか…。

でもそれだけでも十分。

彼があなたに対して「彼女のことばかり考えている」と思わせることが大切なのです。

彼に対する気持ちを確認する時間をつくることができる

ひとりぼっちの海

彼との連絡をやめることで、あなた自身に対してもメリットが生まれます。

彼と連絡をとらないでいるということは、会う約束もしていないため、会う機会もないということです。

その“彼がいない時間”を使って、あなたが今後彼とどうなりたいのか、今現在あなたは彼のことをどう思っているのかについて、じっくり自分自身と向き合って考える時間を作ることができるでしょう。

会ってしまえば「やっぱり好きだ」という気持ちが顔を出すため、どうしても冷静に考えることができなくなってしまいます。

会えてもいないし、連絡もとっていない時間というのは、あなたと彼を切り離し、自分自身を冷静にさせることができます。

彼と付き合い続けるのか、ここで別れを選ぶのか、もし不倫の関係に悩んでいるのであれば、連絡をやめて自分一人で考える時間をとるようにしてみましょう。

不倫相手の彼の心をグッと掴むためのメールやlineの駆け引きテクニック

内容は簡潔に!短い文章を心がける

メールを開く指

男性は、比較的短く、内容を簡潔にした文章のほうが読みやすいと感じる傾向があります。

自分の気持ちをメールやLINEで伝えようとすると、ついついあれもこれもと長文になってしまいがち。

書き終わったと思ったら、やっぱりあれも伝えておこう!と自分で自分の文章を添削して付けたりしたり言い換えたりしているうちにずいぶんと長文になってしまった…なんて経験がある女性も少なくないのではないでしょうか?

メールやLINEを開いた瞬間、ずらっと長い文章が送られてきていると、途端に読む気を無くしてしまう男性は少なくありません。

言いたいことは短く、簡潔に、ということを心がけましょう。

また、短い文章や返信というのは、彼の不安をかき立てる効果もあるのです。

「何か冷たい?」とか「自分のことを好きな気持ちが薄れている?」と気になって仕方なくなります。

メールやLINEをすぐに返信してくれなかったり、既読スルー、未読スルーを連発するのは、自分の忙しさにかまけてあなたなら我慢してくれる、あなたなら怒らないで許してくれると、あなたに甘えているからなのです。

あなたが急に送るメッセージの雰囲気を変えるだけで、彼は「これはマズい!」と慌てることになります。

つまり、あなたのことを途端に意識し、雑に扱っていたことを後悔するようになるのです。

ポイントとしては、あまり優しさをにじませないこと。

普段絵文字やスタンプを使っているのであれば、完全になくすとあからさま過ぎるので、ちょっと量を減らしたり、デフォルトで登録されているスタンプや絵文字しか使わないようにするだけでも、ちょっとした変化を彼に感じさせることはできます。

メールやLINEで不安を煽られた彼は、あなたのことを放置できず、すぐにでも会って様子を確認したい、あなたの自分への愛情を確かめたいと思うことでしょう。

俺達、似てる…彼に親近感を抱かせる方法がある!

おそろいの服装のカップル

ミラーリング効果という言葉を知っていますか?

自分と似ている人、同じタイミングを持っている人に対して親近感を募らせるというものです。

恋愛において、このミラーリング効果というのは絶大な効果を発揮します。

もちろん、これはメールやLINEの中でも活用することが可能です。

先ほど紹介した、返信のタイミングを揃えることも、いわばこのミラーリング効果を使っているともいえますが、これ以外にも彼に親近感を湧かせる方法があるのです。

例えば、返信する際に彼がよく使う絵文字は何だか思い出せますか?

それと同じものを使ってみましょう。

絵文字の組み合わせなども個人によって違いがありますし、それぞれの感情ごとに選ぶ絵文字というのも人によって顕著に違いが現れるポイントでもあります。

彼からの返信の内容をじっくり見て、絵文字のクセ、言い回しのクセ、文章の区切り方のクセを見つけてみてください。

そしてそれを、自然にあなた自身が彼に送る返信に組み込んでいくのです。

人は、自分のマネをしている人にはプライベートゾーンを侵されたようで違和感や不快感を抱きますが、自分と似ていると感じた人に対しては親近感を抱き、安心を感じることができます。

あなたが彼と似ている存在だということを認識させることで、彼にとってあなたという女性の隣が居心地良いものに変わっていくのです。

メールやLINEの返信は、十分そのキッカケになることでしょう。

テンションがズレてない?返信のタイミングを彼に合わせてみて

たくさんの話題を持ち出す女性

どちらかといえば、男性より女性のほうがメールやLINEを使ったコミュニケーションに優れています。

これは恋人同士だけに関わらず、友達同士でも同じです。

男性のほうが、返信内容に対して深く考えすぎてしまい、何を送ればいいか、どういう言葉回しで文章を作ろうか、悩んでしまうことが多いのです。

そのため、あなたが送った内容に対して、彼の返信が遅くなるなんてことは珍しくないでしょう。

こういう場合に、彼が送ってきた返信に対してあなたがものの数分でさらに返信を返してしまうと、男性は文章を読み、返信内容を考え、返信するという流れに疲れてしまうのです。

つまり、メールやLINEにおけるあなたと彼の間の温度感に差が出てしまっていることで、彼を精神的に追い詰めている可能性があると考えられます。

この場合は、あなたが彼の返信の速度に合わせてあげるようにすることで、彼があなたとのメールやLINEのやりとりにプレッシャーを感じなくなります。

それによって彼は、あなたとのメールやLINEに対して嫌な感情を抱くことなく、ストレスのない状態で返信をすることができるのです。

あなた自身にその気がなくても、彼を焦らせたり、急かしたりしてしまっている可能性があることを忘れないようにしましょう。

彼の興味を煽る!楽しい会話で愛情を深める

楽しそうにスマホを見る男性

メールやLINEでのやりとりの内容を、明るく楽しく、有意義なものにできるよう心がけると、彼のあなたへの愛情はもっと深まります。

それには、あなた自身が彼が好きなもの、今何にハマっているか、好きなものは何かについて知っておくことが必要です。

その上で、彼の興味を引きそうな話題をメールやLINEで持ち出せば良いのです。

自分の好きな話題、得意な話題を振ってくれたあなたに対して、彼は「この人は俺のことをよく知ってくれている」という認識を抱くようになるでしょう。

好きな話題であれば、普段は面倒、億劫と感じている文章を打つという行為も苦にはならず、ただ楽しい会話ができたという満足感が残ります。

楽しい会話をすると、その相手に会いたくなることはありませんか?

相手が恋人に限らず、友達同士で学生時代の懐かしい話で盛り上がった後には、あの時代の友人に会いたいと思いませんか?

そういう人間の心理を逆手に取って、彼があなたに会いたいと思えるよう、仕向けるわけです。

彼の心を掴みたいけれど、かといって急に冷たくするのが不安、または冷たくする理由やキッカケもないというのであれば、まずは穏便にこの方法から試してみると良いでしょう。

「今日はここまで!」区切りのつけかたも彼の心を掴むキッカケに

スマホの画面をオフに

大好きな彼とのメールやLINEのやりとりは、なかなか区切るタイミングが見つからないことでしょう。

もう必要なやりとりは済んで雑談になっているのに、いつまでもダラダラと返信を続けてしまう。

優しい彼なら、あなたに付き合ってくれるかもしれませんが、内心では「まだ終わらないの?」「まだ返信がくるの?」と思っているかもしれません。

普段、彼とのLINEが途切れるのは、あなたの返信が最後ですか?それとも彼からの返信が最後になっているでしょうか?

もし前者なのであれば、彼からの返信を最後に連絡を止めることに慣れましょう。

例えば、あなたが彼に「今から仕事だよ」と送ったとします。

彼があなたに対して「そっか、頑張ってね!」と返信してきます。

それに対してあなたが「いってきます。」と送り、彼が「いってらっしゃい。」と送ってきてくれたとします。

このタイミングで、一つのやりとりは終了しているわけですが、彼とのやりとりを止めたくない気持ちや、優しすぎる気持ちが働いて、ついこの先も返信してしまうなんていうことはないでしょうか。

一つのやりとりが終了した時点で、あなたからのメッセージの送信を止めるというのも、彼に追われる女性になるために必要なことです。

また、あなた自身にとっても次に彼に連絡がしたいと思ったときに彼からの返信でストップしているところから開始できるので、メッセージを送りやすいというメリットも生まれます。

女性の不倫の辞め時…。好きだけど彼とは別れた方が良いタイミング

長く続ければ続けただけ別れがたくなることは忘れないで

テーブル越しに触れあう手

長く一緒にいればいるほど、好きだという感情も、愛しさもどんどん増していくものです。

不倫関係という、世間一般的には許されない関係だったとしても、その感情は止めることはできません。

だからこそ、一緒にいればいるほど、相手に対して愛着が湧くことから離れがたくなるという感情も同時に強くなっていきます。

言ってしまえば、これは不倫だけに限った話ではありませんが、別れようとするのであれば、情が湧いてしまうよりも前に別れるのが正解なのです。

もちろん、好きになって付き合ったわけですから、別れたときには心に傷が残ってしまうことは確かでしょう。

しかし、今別れるのと、1年先に別れるのとでは、傷の深さにかなりの違いがあることは間違いありません。

できるだけダメージを少なくするなら、できるだけ関係が浅いうちに別れてしまったほうが、自分にとって楽なのだということは忘れないでください。

相手の奥さんにバレた!バレそう!

怒る女性の横顔

不倫関係において最も恐れるべき、相手の奥さんに関係がバレること。

この危機に瀕した場合、またはバレてしまったという場合には、彼のことがどんなに好きでも自分が身を引く覚悟を決めておきましょう。

もちろん、場合によっては彼が「妻とは離婚して彼女と一緒になる道を選ぶ」という場合もありますが、決してあなた自身から「別れたくない!奥さんと離婚して!」とすがりつくことはやめておいたほうがいいと言えます。

もし、彼が奥さんと離婚する気などさらさらなく、あなたと不倫という関係を持っていたとしたら?

奥さんにバレたときに、あなたのことを平気で悪者にする可能性もゼロではないのです。

そこであなたが彼にすがりついたときには、彼はあなたのことを奥さんに「相手がしつこくて困っているんだ」などと説明するかもしれません。

そうなれば、悪いのはすべてあなたになってしまいます。

バレそうになったとき、バレてしまったときには、辛いかも知れませんが、別れを選ぶのが最良の道です。

自分の身を守るためにも一度完全に身を引きましょう。

彼が本当にあなたのことを好きで、愛しているのであれば、奥さんと離婚してあなたを追ってきてくれるか、子供がいて離婚できないなど、やむを得ない事情があれば、時間をおいてまたあなたのもとへ戻ってきてくれるはずです。

自分の人生に不安を感じたときが別れるタイミング

不安に苛まれる女性

最近では結婚する年齢も、出産する年齢もだんだんと高齢化してきていますが、それでも早く結婚して早く子供が欲しいと考えている女性はまだまだ多いです。

タイムリミットを気にして、結婚に焦っている女性は、不倫をしている女性の中にもいることと思います。

「このまま彼と付き合っていて、私は結婚できるんだろうか?」「子供が欲しいけど、このままだったら結婚も出産も考えられない、望めないのではないか?」そんな不安に苛まれる瞬間はありませんか?

もしあるなら、今が別れを選ぶ良い機会です。

彼のことは本当に好きだとしても、あなた自身の結婚をしたい、子供が欲しいという希望を捨ててまで一緒にいて、この先あなたにメリットはあるでしょうか?

一度冷静になって考える時間をとってみてください。

厳しいことを言うようですが、このまま不倫を続けていて、最終的にひとりぼっちになるのはあなたです。

年をとって、結婚もしていない、出産もしていないあなたは独り。

彼には、奥さんがいます。

もちろん、ゆくゆくは彼が離婚してあなたと結婚するという未来もなくはないでしょう。

しかし、このままだったら…?

自分のこの先の人生に不安を感じたときは、あなたが彼との関係についてじっくり考えられる良い機会になります。

もっと幸せな人生を手に入れるために、一歩踏み出す勇気も必要です。

どんなに深い失恋の傷も、時間と新しい恋が癒やしてくれると、前向きに不倫と決別する道を選ぶ方法もありますよ。

相手に冷たくされた、相手に好かれていないと感じたら別れたほうがいい

バラを膝に置き泣く女性

彼が自分に興味を失っていて、もう好かれていないと感じたり、彼が冷たくなってきたと感じるときは、別れる良いタイミングになります。

自分が相手のことを好きな状態で、相手が自分のことを好きでいてくれていると分かっていれば、別れることはとても辛いことです。

世間に無理矢理引き離されるような感覚になり、余計にお互いに感情が高まってしまうことも考えられます。

しかし、自分がどんなに好きだと思っていても相手に嫌われているとしたらどうでしょうか?

両想いでいるよりも、よっぽど相手から離れやすい状況だとは思いませんか?

相手の愛情が感じられなくなったときは、あなたが不倫という関係から抜け出せる最適なタイミングになります。

さっさと別れを切り出して、彼の元を去り、新しい素敵な恋に踏み出してくださいね。

辞めようかな?と思ったときこそが別れどきです

自由になれた女性

夢中になっている間は、マイナスの面には気づかないものです。

これは、恋愛でも仕事でも、趣味でも何にでも同じことが言えます。

不倫関係も順調で、彼もあなたのことを大切にしてくれていて、あなたも彼のことを愛している、そんな順風満帆な状況だったとしても、あなた自身がふと二人の関係について不安を感じるようなことがあれば、その瞬間が彼と別れたほうがいいタイミングを迎えている可能性があります。

少しでも不安が浮かぶということはあなた自身の心の中に彼との関係について迷いが生じている証拠です。

今の幸せな関係が崩れてしまうことを恐れ、思い悩むことになるかもしれません。

別れることであなたの心には傷が残り、しばらくは失恋の痛みに耐えなければいけない日々が続くかもしれません。

それでも、あなた自身の心の、例え片隅のほうにでも不安や迷いがあるなら、それは100%幸せな恋愛ではないのです。

離れたい気持ち…?彼を想う気持ち…?自分に正直になること

未来を見据える瞳

人それぞれ、不倫のスタートのキッカケ、相手との関係などケースは様々ですが、総じて言えることは不倫の恋は辞めづらいということ。

相手との禁断の恋に落ちていけばいくほど、抜け出せなくなっていく底なし沼のようなものです。

でもそれは、どんな恋愛でも同じ。

不倫という関係であり、“好きになってしまった相手”が、“好きになってはいけない相手”だったからといって、自分で理性を利かせようとしても、うまくセルフコントロールできなくて当然なのです。

あなたが彼との連絡をやめたいと思う気持ちと、彼を愛しているという気持ち、強いのはどちらか、一度自分の気持ちを見つめ直してみてください。

彼を愛している気持ちが強いなら、無理矢理連絡を絶とうとしても自分が辛いだけですし、彼が近づいてくればまた彼を想う心に流されてしまうでしょう。

それなら、彼から離れるのはやめて、精一杯、彼を愛し、不倫という関係だとしてもあなたの愛を貫くべきです。

もし、彼を想う気持ちよりも「連絡をとらないようにしたい」とか、「別れたほうがいい」という気持ちが強いなら、不倫という恋にとらわれ、動けなくなっているあなたを、本来のあなた自身が「自由になりたいから、今、一歩踏み出そう!」と与えてくれているチャンスととらえていいでしょう。

断ち切るのは辛い不倫の恋ですが、その先に必ずあなたが幸せになれる道があります。

どちらの道を選ぶとしても、その先にいるあなたが幸せに微笑んでいられることを願っています。

おすすめの記事