仕事に夢中な女性

不倫が始まるきっかけとして一番多いのが職場での出会い。

同じ会社内にいる同僚や上司、後輩と不倫関係に発展するというケースはとても多いのです。

では、なぜ職場での不倫関係が一番多いのでしょうか?

職場不倫のきっかけはどんなところに転がっているのでしょう?

実は、職場での出会いが不倫に発展するのにはそれなりにちゃんとした理由があります。

相手によって求めるものが癒やしであったり、スリルであったり、寂しさを埋めてくれる存在であったりと男女によって感情の違いはありますが、同じ職場にいる同僚や上司、後輩というのは、不倫相手として非常に魅力的に見える理由があるのです。

今回は、なぜ職場不倫が多くなるのか、そして何をきっかけとして職場不倫がスタートするのかを紹介します。

職場不倫をしやすい男女の特徴についても紹介しているので、自分が当てはまるかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか?

目次

職場不倫(社内不倫)が多い理由って?

仕事には人間性が出る!相手の良いところ・悪いところを知ることができる

一緒に働く男女

 

仕事している人の姿勢には、その人の様々な姿が映し出されます。

ひとえに、仕事ができる・できないというのが見えるだけではありません。

同じ職場で仕事しているだけで、その人の人間性そのものが見えてくるのです。

人に対してどのように接するのか、機嫌が良いときや悪いときの態度などといった、その人の性格なども全部、見ることができます。

その都度、感心したり、ガッカリしたりというところが見えてくる可能性はありますが、同じ空間にいる時間が長いからこそ、その人のすべてを見て知っていくことができるのです。

その人間性が見えてくるということそのものが、職場不倫のきっかけになることがあります。

相手のことを深く知れば知るほど、好きになることもあるでしょう。

また、それと同時に相手の人間性が仕事ににじみ出し、それがだんだんと見えてくると、相手のことを深く知ることができた満足感を得ることもできます。

そうして、時間を過ごすうちにお互いにだんだんと親近感が増していくのです。

さらに、そうして相手を深く知っていく中で、その人間性そのものに対して魅力を感じられたというのであれば、男女としてだけではなく、人間としても惹かれていることになるのですから、不倫関係へと進んでいくのも、当然といえば当然です。

実はとても重要!相手を尊敬できるポイントを見つけることができる

2人で仕事をする

相手に対して、男女としての好意を感じていなかったとしても、バリバリと仕事をしている姿がカッコイイとか、自分のスケジュールをしっかり管理して仕事をこなしていく姿がかっこいいなどと、漠然としたイメージを抱くことはあるのではないでしょうか?

同じ職場で働いていると、自分にはできないことができる相手や、自分とはまた違った考え方をしている相手に対して尊敬の念を抱くことは決して珍しいことではありません。

そこに、男性として魅力的だなとか、女性として魅力的だなともとから抱いている好意というお互いの感情がエッセンスになったとき、不倫という関係へと発展することがあるのです。

職場以外で出会ったときでも、相手を尊敬するポイントを見つけることはできますが、同じ職場だという環境は、より一層簡単に、相手を尊敬できるポイントを見つけ出すことができてしまいます。

ある意味では、否が応でも見つけてしまうともいえるでしょう。

相手を尊敬できることというのは、カップルとして付き合っていくのにあたって非常に重要なポイントでもあります。

これは、不倫関係でも、お互いがフリー同士の関係だったとしても共通していえることですし、お互いに尊敬できるポイントを持って付き合っていくカップルというのは、末永く良い関係を築いていくことができるものです。

職場という、相手のすべてを知ることができる環境で、相手に対して尊敬できるポイントを見つけることができるというのは、大いに職場不倫のきっかけになるといっていいでしょう。

多忙なら多忙なほど?!一緒に過ごす時間が長いので愛を育みやすい

オフィスミーティング

同じ職場にいると、仕事中は同じ空間にいることになります。

忙しければ忙しいほど、残業であったり、休日出勤であったりと、一緒に過ごす時間は増えていくでしょう。

時には、家にいる時間よりも、会社にいる時間のほうが長いという人もいるのではないでしょうか?

そうなれば、家族と過ごす時間よりも、職場の人間と一緒にいる時間のほうが長くなります。

共に過ごす時間が長くなれば、相手の性格もまた一層よく見えてくるので、親近感や親しみやすさを感じるようになり、好意を抱きやすくなるのです。

一緒にいる時間では、100%仕事の話しかしないというわけではないでしょう。

趣味の話をしたり、恋愛の話をすることもあるかもしれません。

同じ空間で同じ時間を過ごし、だんだんとお互いのことを知るうちに、相手に惹かれる気持ちが強くなっていき、自然と不倫関係へと発展していくのです。

同じ悩みを共有できる!お互いが良き理解者になる

自宅で仕事をする女性

同じ仕事をしていなければ、理解できないことというのがあると想います。

どんなに近しい存在…例えば親や兄弟であっても、まったく違う仕事をしていると、仕事の悩みなどの相談を受けても、どうしても理解できないということがあるでしょう。

相手の心に寄せて悩みを聞いてあげることはできても、どこか他人事に思えてしまい、結果的に適切な解決策やアドバイスをしてあげられなかった…という経験はありませんか?

反対に、自分が職場に関してや仕事に関して悩みを抱えていて、それを友達や恋人、家族に打ち明けたとしてもいまいち理解してもらえている気がしなくて、モヤモヤしたという経験もあることでしょう。

「どうして分かってくれないの!」と怒り出してしまった経験を持つ人も、少なくないかもしれません。

これが、同じ職場で働いていると、状況は変わってきます。

お互いが良き理解者となって相手の相談に乗ってあげることができるようになるのです。

同じ仕事をしているので、悩むポイントやモヤモヤするポイント、嬉しいとか悔しいという感情を抱くポイントが同じなので、相手の考えていることを察してあげやすいというメリットがあるからです。

また、共感を得やすいという点も挙げられます。

仕事の内容、流れを理解しているので、内輪のみのあるあるネタにだって対応できてしまいますよね。

周囲に理解してもらえない自分の考えていることを、家族以上に理解してくれる人がいたという事実は、相手の男性の心をぐっと掴むことができます。

女性からしても、自分のことを理解してくれる人が現われた喜び、その人がすぐ近く似いてくれる存在だという安心感でいっぱいになるでしょう。

その喜び、安心感が恋愛感情に発展していったとしても不思議はありませんよね。

女性が同僚・上司と職場不倫をしてしまうきっかけ・理由

他に出会いがない!世間が狭くなってしまう

閉じ込められている女性

「出会いがない!」と恋愛を諦めてしまう女性は少なくありません。

仕事をしていると、どうしても仕事が忙しくて恋愛に使う時間が見つからないこともあるし、出会いを見つける場所に行くことができないという場合もあるでしょう。

そうなると、職場にいる男性が恋愛対象のすべてになってしまうものです。

ある意味では、世界が狭くなってしまっているともいえますが、同じ仕事をしていて、自分に協力してくれたり、アドバイスをくれたり、助けてくれる存在がひときわ魅力的に映ったとしても、それは何ら不思議なことではありません。

いたって当然のことだといえます。

また、女性によっては外で出会いがないことから、心の奥底で“職場にいる男性の中で”誰か恋愛対象になる人がいないかな?好きになれる人はいないかな?と探す気持ちが湧いて出てきてしまうのでしょう。

年齢にもよりますが、仕事一辺倒で過ごしていると、気づけば周囲はみんな結婚していて、自分が「いいな」と思った男性は、大抵結婚してしまっている…なんてことも珍しくなくなってしまいます。

焦る気持ちもあるけれど、かといってすぐに結婚相手を見つけることはできない…それでも恋をしたい気持ちはある…という心境から、最終的には、結婚している相手と恋愛をしてしまう…つまり不倫することになってしまうというケースもあります。

恋愛対象になる男性と出会うことが少ない女性、出会いを求めているのになかなか思うように理想の男性と出会うことができない女性は、職場で不倫をしやすくなります。

優しくされるとつい…相手が優しい男性に見えがち

優しさに包まれる

時には仕事でミスをしてしまって落ち込んだり、上司に怒られてしょんぼりしてしまうこともあるでしょう。

誰だって、自分に優しくしてくれる人には好意を抱くものです。

仕事で失敗したときに慰めてくれたり、フォローをしてくれる同僚や上司に対して、恋愛感情が生まれてしまうこともあります。

もちろん、厳しい一面を見ることもあるでしょう。

一生懸命仕事をしているのであれば、いつでも優しくニコニコ…というわけにはいきませんから、時にはあなた自身が相手に怒られることもあるかもしれません。

しかし、厳しさを見られるからこそ、ふとしたときに見せてくれる思いやりや優しさ、笑顔などに余計にキュンとしてしまうものなのです。

飴とムチの効果といえば分かりやすいのではないでしょうか?

特別扱いされたり、特段優しくされたというわけではなくても、親身に相談に乗ってくれたり、仕事に関するアドバイスをくれるなど、自分を気にかけてくれていると感じるだけでも、相手がとても優しい人に見えて好きになってしまうということもあります。

接点のない関係より、同じ職場で働いている関係のほうが、優しくしたり親身になったりするのは簡単です。

同じ職場で不倫関係になってしまうのにはこういった関係性も非常に深く関係しているのです。

いつもそばにいてくれる安心感が得られるから

寄り添う二人

仕事をしている時間というのは、一日の中でも大半を占めています。

一週間、一ヶ月と長いスパンで考えたとしても、やはり職場にいる時間というのはとても長いものです。

その長い時間を一緒に過ごしている同じ職場の人というのは、時には家族以上に近しい存在に感じられることもあるでしょう。

そのため、相手に対していつもそばにいてくれる安心感というのを感じられるようになり、それが自然と好意、そして愛情へと変化していくのです。

フルタイムで仕事をしていれば、職場にいる時間、仕事に関わっている時間の中で様々な感情を感じることがあります。

嬉しいこと、悲しいこと、悔しいこと、腹が立つことなど、色々な感情を味わう中で、そばにいてくれる存在に対して安心感を抱くようになっていきます。

この安心感というのは、どんな相手にでも抱けるものではありませんし、安心感を抱いたからといって、好意に直結するわけでもありません。

やはり、異性としてある程度意識していたり、自分の理解者だという意識が働かなければ、どんなに共通の体験をして、喜怒哀楽を分かち合ったとしてもそれで終わりです。

相手に対して他の人とは違う感情を抱いているからこそ、安心感を抱くことができ、それが異性としての「好き」という感情へ繋がっていくのです。

男性が同僚・上司と職場不倫をしてしまうきっかけ・理由

相手の女性が自分の一番の理解者であると思えてくる

幸せそうな男女

男性は常に自分を理解してくれる人を求めています。

家族がいたとしても、家族が男性のことを理解してくれているとは限りません。

ましてや、仕事のことになればどんなに近しい存在でも、同じ仕事をしていなければどうしても100%理解できるということはないといってもいいくらいです。

プライベートな面だけでなく、仕事の面においても自分のことを理解してくれる存在というのは、職場にしかいないとも言えます。

そのため、男性は一緒の会社で働いている女性に特別な感情を抱きやすいともいえます。

仕事に責任感やプライド、そして誇りを持っている男性であれば、「仕事をしている自分が一番カッコイイ!」と思っている節がありますから、相手が自分のことを好きになってくれた場合、「仕事をしている俺が一番カッコイイと思ってくれている、この人はちゃんと俺を理解してくれている!」と余計に嬉しく感じ、相手に対して深い愛情を抱くようになります。

どんな自分でも認めてくれる女性は、男性にとってかけがえのない存在になりやすいのです。

守ってあげたい存在?可愛らしく見えてくる

仕事を頑張る女性

一緒に仕事をしている女性に対して、守ってあげたい、力になってあげたいと思う男性が職場不倫を始めてしまうというケースも珍しくありません。

男性には女性よりも強い承認欲求があり、周囲から頼られたい、認められたいと思っているため、仕事上での話だとしても女性に頼りにされることが嬉しいのです。

さらに、もともと自分より弱い生き物を守ってあげたい、守らなければと思う生き物でもあります。

そのため、自分を頻繁に頼ってくれる女性に対しては、「きちんと面倒を見てあげよう」という感情が湧き上がってきます。

一度面倒を見ようと思うと、普段から気にかかるようになり、常に視界から外しきれなくなるのです。

すると、最初のうちは同僚や部下として気にしていた女性の存在が、だんだんと自分の中でも必要な存在となってきて、可愛らしく見えてくるようになります。

気がつけば、自分を頼ってくれる女性を守りたいという気持ちだけでなく、頼られることで自分の存在意義を確認できるようになることから相手の女性を必要だと思う気持ちが強くなっていくのです。

もちろん、自分のプライドのためだけに相手を必要としているだけではありません。

相手の女性を気にしてよく見るようになったからこそ、女性の人柄に惚れ、異性として好きになるのです。

会える頻度をコントロールしやすいから

逢瀬を重ねる二人

同じ職場であれば、会う時間をコントロールしやすいと思うのは、既婚男性ならではの考え方だといえるでしょう。

男性が不倫を始めるきっかけとして多いのは、“性欲を満たすため”というものです。

もちろん、最初はそれがきっかけで不倫を始めたとしても、付き合っていく中で相手の女性に対してだんだんと本物の愛情を抱いていくようになるのは珍しいことではありませんし、反対に、そのまま相手を“セフレ”として扱ってしまう場合もあります。

そればかりは、お互いの相性や考え方次第といったところですが、きっかけがきっかけだけに、男性としては「会いたいときに会える相手が欲しい」と思っているのです。

同じ職場で働いていれば、まず休みは同じ。

そして、始業時間と就業時間も基本的には同じです。

同じ職場なら、相手に会うために休みを無理矢理合わせる必要もありませんし、仕事の後に会う約束をするのも比較的簡単になります。

会える頻度をコントロールできるかどうかというのは、その相手の女性と付き合うことができるかどうかを考えたときに優先される度合いの高いポイントになります。

不倫相手という“セフレ”として関係をスタートさせる場合だけでなく、不倫相手という“本命の彼女”として付き合う場合にも外せないポイントでもあるのです。

【男性編】職場不倫に陥りやすい性格や特徴

「誰かそばにいて…」寂しがり屋な性格

悲しそうな男性

職場不倫という関係は、常に自分の好きな相手がそばにいるということ。

仕事の後だけではなく、仕事中も姿を見ていられることで「常にそばにいる」という安心感を得ることができるため、寂しがり屋な男性にはピッタリな関係なのです。

職場不倫をするということは、かなりのリスクを伴います。

家族にバレてしまってはいけないというポイントだけに注意を配るだけでなく、会社の中でも誰にもバレてはいけない関係なのですから、注意を払う時間、相手が増えてしまうのです。

それでも、一人でいることが苦手で、できるだけ誰かに常にそばにいてほしいと思っている男性は、同じ職場で働く同僚や部下を不倫相手として選びます。

好きな人にそばにいてもらうことで、癒やしを得たいと感じているからです。

友達や家族とはまた違う、自分の大好きな存在を常にそばに感じることで、日頃感じている寂しさから解放され、ホッとしたり、安らぎを得ることができたり、癒やされている感覚を味わうことができるのです。

誰かに必要とされることで自信を得たい

自信家な男性

男性は、人に認められたいという気持ちが女性と比較してとても強い割に、女性よりも自分に自信のない人が多いものです。

そして、その“認められたい”という欲を満たすために生きているようなところがあるのも事実。

仕事を頑張っていい成績を収め、周囲から認められるのも、自分に自信をあげ、自分のステータスとするためなのです。

仕事ができる人は、職場から必要とされますし、頼られる機会も増えます。

仕事においては、成功を収めることでやりがいを感じ、自分の存在価値を見いだし、自分に自信をつけていくことができるのですが、それはあくまで“仕事をしている一社会人としての自分”にだけです。

では、“一人の男性”としての自信はどうやってつけるのか?となってくると、それはやはり女性から必要とされることに絞られてきます。

魅力的な男性として、女性に惚れて欲しい、そしてその女性に自分のことを好きになって欲しい、愛して欲しいという気持ちは、それによって自信をつけたい、もっと自分に自信を持って自分を好きになりたいという気持ちのあらわれなのです。

「俺って何?」…自分の居場所がないと感じている

孤独を感じる男性

自分の家庭の中に居場所を見いだせない男性は、職場不倫に走りやすいといっていいでしょう。

人それぞれ、様々な家庭を持っていますが、不倫をする男性…特に職場不倫をする男性は、家庭に不満を持っていることが多いようです。

その不満が直接奥さんに向けられるものであることも多いですが、それだけではなく、子供がある程度手を離れてしまい、寂しさから不倫をするということもあります。

また、家庭に自分の居場所を見失ってしまっているというケースも珍しくありません。

よく、定年間近の男性が、奥さんに邪険にされているなんてシーンをドラマなどで目にしますが、これは働き盛りの男性でも同じことです。

普段家族のために一生懸命働いているのに、家では何かと邪魔にされたり、家族みんなで買い物に行くかと思いきや、自分は置いて行かれたりと、寂しい思いをしている男性は意外に多いといいます。

それを「寂しい」と感じたくないから最初のうちこそ自分は自分で趣味を持ったり、休みの日には好き勝手出かけたりするようにしているものの、それが悪循環となり、気づけば自分の家なのに自分の居場所ではないような疎外感を感じてしまうのです。

こうなると、男性の心の中には「俺って何なんだろう?」「家族にとって自分はATMでしかないのか?」と疑問が浮かび上がってくるようになります。

どんなに家族が大切だとしても、やはり自分自身の心も大切。

こういった寂しい思いをしている男性は、自分だけを純粋に必要としてくれる相手を見つけ、不倫に走るのです。

不仲、マンネリ…奥さんとの関係がうまくいっていない

不仲な男女

結婚当初は「この人しかいない!」と思っていたはずなのに、いつの間にかお互いの気持ちが冷めてしまって、不仲になってしまうなんて夫婦は珍しくありません。

むしろ、結婚してもずっと恋人同士だった頃の感情を維持できる夫婦のほうが圧倒的に少ないといっていいでしょう。

刺激がなくなり、子供ができると今度はお互いを“父と母”としてしか見られなくなり、セックスレスに陥っていくなど、奥さんとの関係が冷め切ってしまっているという男性は、つい魅力的な女性を見つけると付き合いたいと思ってしまうものです。

普段、仕事ばかりであまり他に出会いがないとなると、余計に職場不倫に走る確率は高くなります。

また、育児に関してや、経済面での価値観が合わないなどといった理由で明らかな不仲関係にある男性は、奥さんに対して愛情すら持てず、不倫相手に本気になってしまうことも多いといいます。

子供がいて、子供に対しては愛情があるからどうしても離婚という道は選べず、奥さんとは別れられないけれど、不倫相手のことを本気で好きになってしまうといったケースもあるようです。

尊敬の眼差しが恋愛感情へ…仕事ができる男性はモテる!!

蝶ネクタイスーツの男性

職場不倫というのは、何も男性からばかり持ちかけるものではありません。

女性側から、男性を好きになって近づいていくというパターンもあります。

こういったケースの場合、男性側がよく仕事ができて職場での評価が高かったり、頼りがいのある上司や同僚であるというケースが多いのです。

最初のうちは、相談に乗ってくれる同僚、一緒に仕事をしていると安心できる同僚といった存在であったり、何か困った時に必ず助けてくれる上司、常に自分のことを気にかけてくれる、視野の広い上司といった関係だったものが、一緒に仕事をしていくうちに尊敬できるところをたくさん見つけ、だんだんと尊敬から恋愛感情へと気持ちが傾いていくのです。

そうなると、独身女性は相手が既婚者であることを忘れ、夢中になってしまいます。

ここで、男性側にも家庭の状況や奥さんに対して不満を抱えていたりすると、思わず女性からのアプローチにもたれかかってしまい、職場不倫が始まるというわけです。

仕事ができる男性は、非常に魅力的であり、周囲から頼られると同時に、女性にもモテやすいため、職場不倫に陥りやすいといえます。

【女性編】職場不倫に陥りやすい性格や特徴

自分のことは自分で!しっかり自立した女性

キャリアウーマン

自分のことは何でも自分でできる、自立した女性というのは、職場の中でも仕事に一生懸命取り組み、成果を上げ、周囲からの評価を得られることが多いでしょう。

同じ職場にいるからこそ、相手の男性もそんな頑張っている女性の姿を見て、魅力的に感じることがあります。

常に一生懸命で、仕事もプライベートも充実しているように見える女性は、男性にとって憧れとなることもありますが、もちろん、そんな強いしっかりした部分だけしか見られないようでは、男性の心をくすぐることはできません。

反対に、仕事でミスをしたり、忙しすぎてまいってしまっているなど、一瞬でも弱いところを見せることがあれば、それに気づいた男性は、いつもの自立してしっかり者の女性のイメージとは正反対の、また違った側面を見られたことにキュンとしてしまうのです。

基本は何にでも一生懸命、男性に負けじとばかりに仕事をバリバリこなしている女性こそ、ふとしたときに見える女らしさやか弱さが際立って見えるもの。

そんなギャップを見て、同じ職場の男性は、その女性のことを好きになってしまうのです。

「あなたのためなら…」好きな人のためなら我慢ができる

深い愛情を抱いた瞳

不倫というのは、我慢の連続でもあります。

忍ばなければいけない恋であり、周囲にバレてはいけません。

だからこそ、自分の存在を隠し通さなければいけませんし、大きな声で「私は彼と一緒にいられて幸せ!」「彼のことが大好きなの!」と叫ぶこともできません。

誰だって自分のことが大切ですし、自分が幸せになりたいと思っているものです。

それでも、不倫の恋というのは、自分が幸せであることをアピールもできなければ、目に見える形で確認することも難しい場合があります。

職場不倫となれば、余計に、誰にも相談できない状態が続くことは目に見えています。

そんな恋でも、続けていけるというのは、相手のことを本当に愛しているからでしょう。

好きな彼のためであれば、辛い思いをしても我慢ができる。

彼と一緒にいられるのであれば、多少なりとも苦しい思いをしても、寂しい思いをしても、我慢することができる。

そんな献身的な愛情を相手に対して抱ける女性は、職場不倫となっても、相手と真摯に向き合い、相手の男性に対して深い愛情を注ぎ続けることができます。

この性格の女性であれば、職場不倫だからと構えることもなく、男性と付き合っていくことができるので、男性にも遠慮させることなく、引け目を感じさせることなく、平等な立場での不倫を続けていくことができるのです。

恋愛ナシなんて考えられない!?恋愛に依存する性格

挑発的なセクシーな女性

常に恋をしていないと気が済まない、常に誰かを想っていないと落ち着かないという恋愛に依存している女性は、職場不倫に陥りやすいといっていいでしょう。

ある意味では、寂しがりやであるといっても良いのですが、このタイプの女性は、恋に落ちた相手と常に一緒にいたい、いつもそばにいたいと考えているため、同じ職場内で好きな人ができやすい傾向にあります。

もちろん、このタイプの女性は必ずしも不倫に走るというわけではありませんが、好きになってしまった相手が既婚者であったとしても、さほど気にすることはありません。

それよりも、“恋愛を楽しんでいる”という事実を味わいたい、かみしめたいという気持ちのほうが強いので、好きになった相手が独身でも既婚でも気にならないのです。

相手が自分を好きになってくれればそれでいいという考えなので、職場不倫という関係でも、違和感なく付き合っていくことができます。

秘密主義者?!口が堅い女性は職場不倫の相手に選ばれやすい

無機質な部屋に座る女性

職場不倫はバレたら終わり。

これまでのように付き合っていくことができなくなるだけでなく、異動させられたり、会社にいづらくなったりと、バレたことによって失うものがたくさんあります。

そのため、“絶対にバレてはいけない”という認識をお互いに持って関係を維持していかなければなりません。

ということは、相手の男性にとっては付き合う女性があちこちに自分たちの関係を吹聴して回るような性格では困るわけです。

自分たちの関係については秘密にしておいてくれる、余計なことを言ったり、自分との関係を匂わせるようなことを言うような女性はほぼ確実に不倫相手として選ばれることはないでしょう。

逆に、秘密主義すぎて自分のことを多く語らない女性に対しても、男性は取っつきにくさを覚えてしまうため不倫関係になるほど距離が縮むこともありません。

自分の話はしてくれるけれど、ここぞというときの秘密は守り通す…そんなTPOをわきまえることのできる賢い女性は、既婚男性に不倫相手の対象として見られることも多くなり、職場不倫に陥りやすいのです。

常に笑顔を絶やさず明るい女性は既婚男性にとって魅力的に映る

にこやかに笑う女性

不倫をする男性は、ある程度、心に孤独感や寂しさを抱えています。

そんなマイナスな感情を中和してくれる存在を求め、不倫をしているといっても過言ではありません。

男性は、不倫相手に癒やしや楽しい時間、落ち着くことができる時間を求めていることが多いため、暗く陰を持っている女性よりも、明るく朗らかな女性に惹かれます。

同じ職場であれば、当人同士で会話する機会もありますが、それ以外にも相手が他の人と話している風景を見ることや、相手が仕事をしている風景を目にする機会もあります。

そんなときに、常に笑顔を絶やさず、明るく過ごしている女性というのは、男性にとってとても魅力的に映ります。

「この子といたら、自分の心にあいた穴をふさいでくれるのではないか?」という、自分に癒やしを与えてくれる存在としての期待感に溢れるようになるのです。

こんな自分を受け入れてくれる?仕事を頑張りすぎている女性

仕事が恋人

最近では、社会における女性の活躍の場というのもだいぶ広がってきています。

それに伴い、男性と同じだけ働き、同じだけの成果をあげる女性というのも珍しい存在ではなくなってきました。

仕事に熱心で、仕事にひたむきな女性は、普段は自分が恋愛をすることも忘れて仕事に夢中になっていることが多く、そんな女性の中には、「自分が女であること」を忘れてしまっている人も少なくありません。

「仕事が恋人!だから恋愛なんてどうでもいい」と開き直って仕事をしているという女性もいるかもしれません。

自分では、異性に対して魅力的には映っていないだろうと思っていたのに、そんな仕事にひたむきな自分を認めて、受け入れようとしてくれる相手が同じ職場にいたら?相手がもし既婚者だったとしても、恋に落ちてしまう可能性はグンと高くなることでしょう。

もちろん、仕事にひたむきだからこそ、その女性は男性にとって魅力的に映るのであり、その姿は同じ職場にいないとすべて見ることができないものです。

この場合は、同じ職場だったからこそ、生まれた恋愛感情であり、職場不倫になるべくしてなったといっても過言ではないでしょう。

スリルに満ち溢れた職場不倫は毎日に刺激を与えるスパイスになる

うつぶせのカメラ目線

職場不倫は、ちょっとしたキッカケではじまるものです。

同じ職場で毎日顔を合わせているからこそ、不倫につながるキッカケも生まれやすく、そしてお互いの接点も増えやすいといえます。

また、同じ仕事をしているからこそ、お互いを理解し、お互いの支えにもなりやすいため、不倫という関係ではあっても、恋に落ちるということは決して不自然なことではありません。

恋愛関係に陥りやすい環境と、それぞれの持つ性格が不倫に適しているもので、お互いの相性が良いことが分かったとき、職場不倫はスタートします。

一般的に“会いたいときに会えない関係”という印象が強い不倫という関係ですが、職場不倫であればそこの問題はクリアできます。

平日、仕事がある日であれば毎日顔を合わせることができます。

その点では、同じ職場での不倫関係だと寂しいと思う機会は少なくなるでしょう。

しかし、それと同時にたくさんのリスクもありますから、職場不倫をするならある程度の覚悟が必要です。

スリルに満ち溢れた、刺激的な不倫関係ですが、その分お互い燃え上がる恋愛ができるともいえます。

リスクは多いけれど、その分楽しさや幸福感も倍増されるのが職場不倫なのです。

おすすめの記事