手を握る

最近、不倫相手の彼の様子何だかおかしい…。

隠し事をしているような、そわそわしているような態度を見せたり、急に忙しくなってなかなか会えなくなってしまったり…。

言葉にはできないけれど、でも実際にその態度の変化は決して自分にとっては悪いものではないようで…彼の気持ちが変わったわけではなさそう。

…ということはもしかして、彼は奥さんとの離婚を考えているのでは?なんて期待してしまうこともあるかもしれません。

反対に、彼の態度に不信感を覚えて不安になってしまうこともあるでしょう。

しかし、もしも愛する彼が、自分だけのものになったら…そう考えるととっても幸せな気分になるのではないでしょうか?

その反面で、では何故、彼は離婚に踏み切る決断をしたのだろう?どんなキッカケで離婚へと一歩踏み出すことにしたのだろう?ということが、気になりませんか?

彼がハッキリと「離婚する」と言ってくれれば一番分かりやすいですが、中には確実に離婚できるまでは不倫相手へ奥さんと離婚することを伝えないという男性もいるのです。

そんなとき、彼が急に忙しくなってなかなか会えなくなってしまったり、急によそよそしくなってしまうこともあります。

実際には、これは離婚する際に不倫していることがバレ自分が不利な立場にならないために…という理由によることが多いのですが、不倫相手の女性からすれば不安しか感じないことでしょう。

でも安心してください。

彼はちゃんと、サインを出してくれています。

今回は、不倫相手の女性に本気になった既婚男性が奥さんとの離婚を決めた男性の態度の変化や、彼がどれだけ本気で不倫相手の女性と付き合っているのかを確認する方法、そして離婚を考え出すキッカケなどについて紹介していきます。

最近彼の態度がおかしい…?と感じている方は、チェックしてみては?実は彼の変化はあなたにとって、とても嬉しい出来事の前兆なのかもしれません。

目次

既婚男性が離婚を考え始めたきっかけは?

「俺っていなくてもいいんじゃない?」自分が必要とされていないと感じた

一人街を歩く男性

家族といても気持ちが満たされない。

家族に必要とされている気がしない。

家にいても何か疎外感を感じる。

そんな風に、自分の居場所がないと感じていたり、家族に必要とされていないように感じている男性は、離婚して自分を必要としてくれている不倫相手の女性と一緒になりたいと強く思うようになります。

男性は、「人に必要とされたい」と思う気持ちがとても強い生き物であり、家族のことは自分が仕事をしてお金を稼ぎ、養っていかなければならない、守っていかなければならないとも考えています。

しかし、男性のこの家族のために…という気持ちに反して、家族が男性のことを大切にしてあげていない、ただのATMとしてしか見ていないような環境を作ってしまうと、途端に男性は自分の居場所がどこなのか、本来自分がいるべき場所はどこなのかが分からなくなってしまうのです。

結果的に男性の気持ちは、自分の居場所はここではない、もっと安心できる場所やもっと自分を必要としてくれている人がいる場所があるはずだ…家にいても面白くない…という気持ちへと変化していくのです。

そういったある種の寂しさや孤独を抱えている状態で、自分を必要とし、愛してくれて、受け入れてくれる不倫相手の女性の存在があれば、彼は自身の居場所を「彼女の隣」だと考えるようになります。

もちろん、最初のうちは責任感などもあり、自分が大切にされていないと感じたり、必要とされていないと感じても、必死に我慢して家族を守ろうとしますが、ふとした瞬間にそんな自分の人生にばかばかしさを感じてしまうことがあるのです。

その瞬間というのは、内緒で付き合っている不倫相手の女性の深い愛情を感じたときや、幸せそうな友人や同僚の話を聞いたときなど人によって様々ではあります。

しかし、現状の生活に不満を抱えている中で、たったの一度でも「やっぱり自分は幸せじゃない」とか、「もっと幸せになりたい」と考える気持ちが強くなったことで、離婚を考え始める男性は多いのです。

いい加減にしろよ!?奥さんへの不満が積もりに積もって爆発したとき

ボクシング中の男性

料理をしない、掃除をしない、お金使いが荒いなど、奥さんに対する不満が蓄積していき、それが爆発寸前、もしくは爆発してしまった…というときに、既婚男性は奥さんとの離婚を決断することがあります。

価値観が違いすぎる相手と一生を共にしていくというのはとても大変なことです。

多少は歩み寄りも必要ですが、どうしても「これ以上は譲れない」というポイントがあるはずで、それを無理をして寄り添おうと思えるほど相手に対して愛情がなければ、離婚してしまったほうが幸せになれると思ってしまうのです。

大切にされたいと思うのは男性でも女性でも同じことです。

奥さんに大切にされていないと感じれば、やはりそれも奥さんに対する不満になりますし、自分が奥さんを大切にしようと思う気持ちも薄れていきます。

一度離婚を考えれば、相手に対してどんどん気持ちが冷めていくものです。

奥さんに対する愛情が不満が増えていくのと反比例して薄れていき、最低限度の愛情すら失った瞬間、男性は離婚を決意することになります。

「どうせバレたなら…」不倫がバレたことで離婚へと踏み出す男性も

腕を広げる男性

秘密で続けていた不倫という関係…この関係がバレれば、奥さんとは大きな喧嘩になることでしょう。

周囲から見れば不倫というのはした側が悪く、された側が可哀相な被害者…という構成になるのかもしれませんが、実際には不倫をした男性側にも奥さんに対する不満があったり、不倫に走ってしまうキッカケがあるものなのです。

不倫がバレ、夫婦の中で修羅場に発展した際に、男性側もこれまで不倫相手に癒やされることで発散してきた日頃の奥さんに対して溜まっていた鬱憤を晴らすこともあります。

言いたかったけれど我慢していたことなどをぶちまけているうちに、だんだんと「ここで不倫がバレてしまったのであれば、夫婦関係は完全に破綻するだろう。だったら離婚してしまってもいいのではないか。」という考えが生まれてくるのです。

万が一離婚せず夫婦関係を継続するということになっても、不倫がバレる前とまったく同じようにはなりません。

おそらく、喧嘩をするたびに奥さんからは不倫をしていたことを責められたり、場合によっては親戚中に不倫していたことが知られてしまい、肩身が狭い思いをする可能性もあります。

そういった、今後自分にのしかかってくる代償のことを考えた結果、「バレたついでに離婚してしまえばいい」という考えに至る男性は少なくありません。

特にまだ責任が軽い、子供のいない夫婦であった場合、不倫がバレることを機に結婚生活に終止符を打つという選択をする男性は多いのです。

「これを機に…」生活に何かしらの変化が現われたとき

何かを決意したような手

自分の生活の中で何かしらの変化が起ったタイミングで離婚をしようかなと考え始める…という男性も多いようです。

この場合一番多いのは、やはり“子供に関すること”です。

子供がある程度大きくなるまでは育てる責任がある、自分が面倒を見る義務があると責任感を持って離婚したくてもしないで我慢してきたという男性は意外と多いものです。

奥さんへの愛情はなくなってしまったとしても、子供への愛情というのはなくなることはありません。

自分の大切な子供に苦労をさせないよう、子供がある程度成長するまでは自分の気持ちを押し殺して我慢して生活してきたが、子供がある程度成長したからそれを機に離婚をしようかな?と考え始めた…というわけです。

子供が自立するまで待つ男性もいますし、どうしても我慢できないという場合は、子供がある程度大人の話をきちんと理解できる年齢である高校生くらいになったときに、お父さんとお母さんが離婚するという事実を子供にも相談・報告して話を進めよう、子供の意見も聞いておこうと考えるわけです。

また、単身赴任することになったり、仕事を変えることになるなど、男性にとって自分の人生の転機になると考えられるタイミングで奥さんと別れることを考え始める男性も少なくないようです。

レアケース!追い込まれることで離婚を決意する男性もいる

白いシーツに横たわる女性

一般的に、不倫をしている既婚男性というのは、「早く奥さんと離婚してよ!」とか、「いつになったら別れて私と結婚してくれるの?」なんて迫ってくる不倫相手の女性を鬱陶しいと思うもの…というイメージが強いのではないでしょうか?

相手のことをそこまで好きになっていないくて、あくまで遊びの関係だと割り切って付き合っている既婚男性であれば、こういった女性の言動は鬱陶しいし、重たく感じられることでしょう。

しかし、相手の女性に対して本気で好きになっている、愛してしまっているという男性は、不倫相手の女性からのこういった言葉で離婚を考えはじめることもあるのです。

特に、家で自分の居場所がないとか、邪魔者扱いされていたり、疎外感を感じているような既婚男性であればあるほど、離婚して自分と一緒になることを迫ってくる女性に対して「この人は自分を必要としてくれている」「俺が一緒にいてあげなければダメなんだ」と考えるようになるのです。

承認欲求が強い男性であればあるほど、必要とされていることを嬉しく誇らしく感じ、「自分を必要としていないような妻より、自分がいないと生きていけないと言ってくれている不倫相手の女性を守りたい」と思うようになります。

ただし、最初に紹介しているとおり、これはかなりのレアケース。

基本的にしつこく結婚を迫られたり、離婚を急かされたりするのは苦手だという男性のほうが圧倒的に多いので気をつけてください。

既婚男性が妻との離婚を考え始めた時に起こる男性心理の移り変わり

仕事は?養育費は?離婚することで起こりうる影響は何か確認する

ビジネス街を歩く男性

既婚男性が奥さんとの離婚を考え始めた際、気になるのは“自分へのデメリット”です。

離婚して不倫相手の女性と一緒になると決め、離婚をしようと考えたときに、不倫相手の女性に対してはあまり考えが及んでいないことが多いのですが、それはあくまで相手の女性のことを信頼しているからであって、どうでもいいと思っているわけではありません。

自分がすべてを片付けて相手の女性の元へ向かうまで、彼女なら待っていてくれるという信頼のもと、まずは自分の離婚におけるデメリットなどを把握し、行動を開始しようとするため、離婚を本格的に考えだした頃から一度不倫相手の女性との距離を置く男性も少なくないのです。

一度一人でゆっくりと考える時間を作った男性は、離婚をした場合にどこにどんな影響が現われるのかについて考え出します。

まずは離婚の理由を何にしようか…不倫を理由にすれば自分が不利になってしまうかもしれない。

仕事への影響はあるだろうか?離婚をすれば出世に響くのだろうか?と考えることもあります。

また、養育費や慰謝料など、お金の問題について深く考えなければなりません。

例え、離婚して不倫相手の女性と一緒になっても、養育費や慰謝料などのお金で生活が困難になり、相手の女性を不幸にしてしまうということは避けたいと考えるのが当たり前です。

離婚を考え始めた男性は、離婚することへのデメリットや自身にどのような影響が及ぶのかを考慮した上で、それでも離婚をしたいと考えるようであれば、今度は離婚に必要な手続きなどを調べ始めます。

自分から妻へ、妻から自分へ…愛情の有無を再確認する

胸に手をあてる男性

常日頃、「自分はもう妻への愛情がない」と思っていたり、反対に「妻は自分のことを愛していない」と思っていたとしても、いざ離婚を考えたときに冷静に夫婦の仲を見直そうとします。

とはいっても、奥さんと話し合いの場を作るとか、自分から奥さんへ近づいていって愛情の有無を確認するようなことはありません。

冷静な目で、奥さんの自分に対する態度を観察したり、奥さんと会話しているときの自分を客観的な目で見て愛情が残っているかどうかを確認するのです。

不倫相手の女性に対して夢中になっている間は、無条件で奥さんを後回しにしてしまっている、ある意味“自己洗脳”の状態にあるのですが、この期間だけは中立な立場に立って冷静に考える時間を持つようになります。

そう考えると、不倫相手の女性からすれば「奥さんのもとへ戻ってしまうのでは?」と不安になってしまうかもしれませんが、そこまで不安に駆られる必要もありません。

離婚を現実的なものとして考え始めた既婚男性は、その時点でほとんど奥さんへの愛情がなくなっているといっても過言ではなく、冷静に自身の奥さんへの愛情を確認している間も、あらゆる点で不倫相手の女性と奥さんを比較し、不倫相手の女性のことを想っています。

そのため、こういった状態になった時点で、奥さんのほうが魅力的だと感じ、不倫相手の女性を捨てるということは稀なケースだと言っていいでしょう。

どちらかと言えば、「離婚する覚悟を強める」ために「愛情がないことを確認したい」というのがこの時点での男性心理です。

「子供はどうする?」会えなくなる、嫌われるのが怖いと感じる

父子の手

子供がいる既婚男性にとって離婚の一番のネックとなるのが子供に関することです。

子供がいない夫婦が離婚するのと、子供がいる夫婦が離婚するのとでは、お互いに話し合う時間や、様々な手続きも、そして心の葛藤も、すべてにおいて圧倒的に量や度合いに差があります。

乳幼児がいる場合、虐待やアルコール・薬物依存、よほどの貧困という問題がなければ、親権を争っても母親のほうに取られてしまいます。

自分で判断ができる年齢の子供であれば、父親についていくか、母親についていくかを自分で選ぶことができますが、それでももし、“父親が不倫をしていて両親が離婚することになった”と聞いたら、子供はどう思うか?ということも気になるポイントになるでしょうし、既婚男性からすれば、離婚してすぐに不倫相手の女性と結婚しようと考えていた場合、それを連れ子となった自分の子供が認めてくれるかどうかも気になるところでしょう。

かといって、子供を見捨てることはできないというのは父親として当然の感情ですし、不倫相手の女性からしても、自分の子供を平気で捨ててきてしまうような男性と一緒になっても、男性に対する不信感が募ってしまうこともあるかもしれません。

既婚男性にとって子供のことに関しては、奥さんのことに関してよりも何倍も何十倍も気になるところです。

一緒にいられなくなることだけではなく、嫌われてしまうかもしれない、離婚後に会えなくなるかもしれないなど、離婚に対する不安の大半は子供のことになる可能性もあります。

子供への気持ちを確認したり、奥さんとの離婚へ向けた話し合いの中で、親権に関すること、子供との面会や養育費に関することなどの話がまとまっていく中でその不安が解消されていくものですが、問題が解決しないとなると、“子供がもう少し成長するまで”とか“子供が○歳になるまで”と一度離婚を踏みとどまる男性もいるようです。

「離婚する!」気持ちが固まればデメリットはすべて気にならなくなる

線路を歩む女性

不倫をしている男性が、奥さんとの離婚を決意するのには大きな決断力が必要になります。

そもそも、世間一般的には不倫をしていることは非難されてしまうことが多いですし、不倫していることや、奥さん以外に一緒になりたい女性がいることを理由にして離婚した場合は、男性側がかなり不利な立場になってしまいます。

奥さんへの愛情がなく、離婚したいと思っていても社会的な立場や責任、そして離婚時のお金の問題など様々な要因が複雑に絡み合い、なかなか離婚に踏み出せなくなってしまうのは当然といえば当然です。

また、夫婦の間に子供がいた場合にはさらに簡単には離婚できなくなります。

奥さんに愛情がなかったとしても子供のことを可愛いと思うのは当たり前のことで、その子供の親権がどうなるか、離婚した後も子供に会うことはできるか、子供が自分のことをどう思うだろうかなど、色々なことを考えて離婚を踏みとどまってしまうこともあるでしょう。

しかし、本気で離婚をしようと考えるようになれば、そういった心配事、将来への不安といったものが一切気にならなくなります。

離婚をするには結婚するときの何倍も労力が必要になるとも言われていますが、離婚するために行動を開始することにも面倒だと思わなくなるのです。

ここまで気持ちが切り替われば、離婚に向けて行動を進めていくうちにどんどんと迷いはなくなり、その先にある自分の幸せな将来へ向けて次々に手続きをこなしていくようになるでしょう。

「ここで捨てられたら…」不倫相手の女性への依存度が高くなる

大人のカップル

こうして離婚への覚悟を決め、少しずつ自分の気持ちに整理をつけ、離婚へと一歩踏み出そうとしている男性。

離婚をすることを決めると、そこで一度一息つき、「さぁ、あとは手続きだけだ!」と新たな一歩を踏み出ることになるわけですが、そこで新たな不安を向き合うことになります。

それが、離婚した後にひとりぼっちになることへの不安です。

自分がここまでの労力をかけて、一生懸命離婚への道を進み出しているところで、この先離婚したら一緒にいたいと思っている不倫相手の女性と別れることになったら…?と急激に心配になってきてしまうのです。

今この状態で彼女に捨てられてしまったら、自分は本当にひとりぼっちになってしまうという不安が、不倫相手の女性への執着心を一層高めます。

ましてや、女性側からしても彼が離婚に向けて色々と行動を開始していることが分かっていれば大人しく待っていられるでしょうが、それを知らされていなかったとなると彼の気持ちが冷めてしまったと勘違いして彼との関係を終わらせようとしてしまうかもしれません。

男性は、追われるより追いかけることに一生懸命になれる生き物です。

孤独になりたくないという感情、ここまでして一緒になりたいと思っている女性を失うことへの不安や恐怖から、離婚を決断した直後から、不倫相手の女性に対して束縛が厳しくなったり、頻繁に会うようになるなど、その言動や態度から不倫相手の女性への愛情が強くなったこと、手放したくないという態度が感じられるようになるでしょう。

既婚男性が本気になったらどうなる?既婚男性が妻にとる態度

「何時に帰ってもいいでしょ」帰宅時間が遅い、または帰ってこない

たたずむ男性

不倫相手の女性に本気になり、奥さんとの離婚を考え出した男性の中には、離婚を意識すると同時に家に帰らなくなる人もいます。

このタイプの男性は、不倫していることが奥さんにバレてもかまわない、それが理由で離婚してもかまわないと考えていたり、もしくはまだバレていないとしても不倫していることにあえて気づかせる、そして奥さんに離婚したいと思って欲しいと考えているという場合があるのです。

「どうせ離婚するんだから、もう家庭を大事にする必要がない」と考えているわけです。

帰ったときに奥さんに「どこにいたのか」「誰といたのか」「何をしていたのか」を聞かれても、答える義務はないとばかりに無視することがほとんどで、言い訳をしたり、取り繕ったりすることもしません。

奥さんへの愛情がなく、離婚したいと思っているため、奥さんの扱いはどんどんぞんざいになっていきます。

ただ、こういったケースは比較的稀で、不倫相手の女性のことを大切に思うからこそ、離婚は円満に…不倫していることは隠し通して離婚を…と考えている男性のほうが多いので、離婚することが決まり、手続きがある程度落ち着き、不倫相手の女性の存在が奥さんに知られても良い時期にならないうちは、大人しく家に帰り、本当の離婚の理由を隠し通そうとする男性のほうが多いでしょう。

「どうせ他人になるんだから」奥さんの両親に会おうとしない

塀の上に座る男性

離婚を決めた男性は、家庭を大切にしなくなります。

これまで夫としての義務としてこなしてきた、奥さんの家族との付き合いなどもだんだんと減らしていくようになるでしょう。

どうせ離婚してしまえば、夫婦といえども赤の他人になるわけですし、そうなれば配偶者の親族というのも自分にとっては他人になるわけですから、付き合いを継続するメリットや義務といったものはすべて不要なものに感じられるからです。

また、不倫をしていて、離婚して不倫相手の女性と一緒になろうと考えている場合は、潜在意識に相手の家族への後ろめたさなどがあったり、親族の前で自分の浮気などをバラされたりすることへの不安などから、相手の親族との付き合いを避けるという傾向もあります。

これまでは、奥さんの実家へも一緒に顔を出していたのに、それがなくなったというのであれば、それは離婚をある程度決意したか、もしくは離婚したいと考えている既婚男性の奥さんへの態度として顕著に表われたものだといえるでしょう。

「愛情はない」同じ時間を過ごすことがなくなる

別々の道を歩む

誰だって嫌いな相手と一緒にいたいとは思わないでしょう。

嫌いでなくても、一緒にいたいと思わなければ、同じ空間に一緒にいたり、一緒にどこかへ出かけたりしようとは思いません。

不倫相手に対して本気になり、奥さんとはもう離婚したいと思っているのであれば、同じ時間を共に過ごそうとすることはなくなります。

子供がいて、学校の行事などがあったり、クリスマスや誕生日などで子供も含めて一緒に過ごさなければいけない時間があるなど、夫婦としてどうしても一緒に過ごさなければならない時間というのも確かにありますが、そういった時間以外、夫婦で過ごす時間をとることはなくなるのです。

愛情がない相手と一緒にいても癒やされませんし、心が落ち着くこともありません。

本気になった既婚男性は、好きでもない奥さんと共に同じ時間を過ごすくらいであれば、不倫相手の女性に会って癒やされる時間をとりたいと思っていますし、それが無理ならせめて一人で過ごしたいと考えています。

その結果、仕事が休みの日でも一人でふらっと出かけてしまったり、奥さんと同じ空間にいることを避け、自分の部屋へさっさと戻ってしまうなど、“奥さんと一緒に過ごしたくない”という態度をあからさまに出すようになります。

夫婦で最後に話したのはいつ?会話がなくなり、自分のことは一切喋らなくなる

悩む男性

男性は、信頼する相手にしか自分のことを話そうとしません。

それが例え自分が一度は一生を共に歩もうとした妻である女性だったとしても、一度愛情を失ってしまえばどんな話でも相手に聞いてもらいたいとは思わないのです。

ましてや、不倫相手の女性がいる既婚男性であれば、その女性に自分の悩みや考えていることを聞いてもらうことができるので、余計に奥さんに話す必要がなくなってしまいます。

そのため、「今度の休日は仕事になった」とか、「今日は夕飯はいらないから」なんていう必要最低限な会話があったとしても、自分のプライベートな話や仕事の話、またはテレビを見ているときの何気ない会話なんていうものもなくなっていくのです。

あからさまな気まずさをごまかすために、あえて子供の普段の様子を聞いたり、ペットを飼っているのであれば、自分がいない間のペットの様子を聞いたりなんていうことをする既婚男性もいますが、会話の機会を作ろうとしていたとしても、自分のことは一切喋らなくなります。

既婚男性が本気になったらどうなる?既婚男性が不倫相手にとる態度

“将来”についての話題が多めになってくる

美しいカップル

彼が既婚男性で、自分が不倫相手という立場である以上、好き勝手に何でもできるという関係ではありませんから、付き合い方に様々な制限が生まれてしまっている状況だといえるでしょう。

しかし、不倫相手の女性を本気で愛し、彼女との将来を見据えて離婚を決意した男性は、その自らの決意を相手の女性に伝えていようが伝えていまいが、自分の心の中にはある種のゴールが見えてきているという心のゆとりがあります。

もう少し、自分が頑張って、そして相手の女性に我慢してもらえれば、その先には二人で歩む未来が待っている…と考えています。

離婚しようとしていることを伝える男性もいれば、伝えない男性もいますが、どちらにしても、不倫相手の女性への態度には変化が現われます。

これまでは話すことがなかった将来に関する話をだんだんと不倫相手の女性に話してくれるようになります。

「彼の将来のヴィジョンに私はいないのではないか?」と不安になるくらい、彼の将来の話に自分が出てこないことに不安を覚えていた不倫相手の女性がいたとしたら、彼の急激な変化に驚くことでしょう。

「今度旅行に行こう」とか、「もし一緒に住めたら…」なんて現実的な話が彼の口から出てくるようになったら、それは彼が不倫相手の女性に本気になっている証拠です。

好きな人とはいくらでも同じ時間を共有し、たくさんの思い出を作りたいと思うものです。

ましてや既婚男性からすればこれまで自分に家庭があることで、愛する不倫相手の女性に我慢させたり窮屈な思いをさせてきていたわけですから、自分が離婚して自由の身になり、いつでも彼女と会う時間を作り、どんなことでもできるようになることで、これまで辛い思いをさせてきた分の埋め合わせをしてあげたいと考えているはずです。

本気になって奥さんとの離婚を考え始めることで、少し先の未来が見えて、彼女に対してもこの先の共に歩む未来の話、これまではできなかったことをしようとする話が増えてくることでしょう。

いい加減なこと・その場しのぎのことは言わない

誠実な恋

「いつか離婚する」…これは、既婚男性が、不倫相手の女性の気持ちが離れないように使う常套句の代名詞とも言える言葉です。

残念ながら、多くの場合、この言葉は本音ではなく、ただこういった言葉を与えておけば、既婚者である自分から相手の女性が離れていくことがなくなるだろうと考えているだけなのです。

しかし、不倫相手の女性に本気になった場合、既婚男性は途端にこういった曖昧な言葉やいい加減な発言をしなくなります。

いい加減な発言をしたり、曖昧な言葉ではぐらかしたりすることに、罪悪感を感じたり、適当な発言をすることで自分の好きな相手を無駄に喜ばせたり、期待をさせたりしたくないと相手に対しての誠意を見せたいと思う気持ちが強くなるのです。

もし本当に離婚する気でいたとしても、その時期がきて、きちんと目処が立たない間は離婚しようとしていることも言わないですし、もし言うとしても“いつまでに”離婚するのかを明確に伝えてくるでしょう。

相手に本気になればなるほど、思わせぶりな発言や、先の見えない未来に余計な期待を持たせるような発言はしなくなります。

相手の女性からすれば、最初のうちは嬉しい言葉をたくさんくれたのに、いつからかそういった言葉をくれなくなったことに不安を覚えることもあるかもしれません。

しかし、これは既婚男性が本気になっている証拠であり、決して悲しむことではないのです。

ひとりよがりにならず不倫相手の女性の気持ちを優先してくれる

外を眺めるカップル

既婚男性が不倫相手の女性に対して適当な気持ちで付き合っている場合、自分勝手に相手の女性を振り回すことは珍しいことではありません。

連絡はいつも自分からで、デートの予定も自分中心、会いたいときには突然連絡してきて、相手の予定もおかまいなし…など、自分本位の恋愛になってしまいがちです。

しかし、相手の女性に一度本気になった既婚男性は、不倫相手の女性に対してそういった自分勝手な態度をとることがなくなります。

デートの行き先も、どこに行きたいのか、何をしたいのかを希望を聞いてくれ、ホテルに入り浸るような会いかたはしなくなりますし、予定を立てるとしてもきちんと女性の都合も気にしてくれるようになっていくのです。

連絡の頻度も高くなり、何でもない会話などもLINEやメールで楽しめるようになり、さらに特に用事がなくても「声が聞きたい」と電話がかかってくるようなこともあります。

相手の女性が自分のことをちゃんと愛してくれている、自分のことを好きでいてくれるということを実感でき、そして自分も不倫相手の女性に対して本気になっているのであれば、女性の気持ちを汲み、大切にしようと愛情を惜しまず注ぐようになるのです。

既婚男性の本気度を確かめたい!本気度を知るための方法

デートコースのプランを彼にすべてお任せしてみる

男性に手を引かれる女性

彼はちゃんと私のことを大切に想ってくれてる?と不安になったのであれば、まず「きちんとデートしたい」ことを彼に伝え、デートコースを彼に決めてもらってみましょう。

そもそも、不倫相手の女性に対していい加減な気持ちで付き合っていたり、身体だけを目当てに付き合っているのであれば、会えばホテルに行き引きこもるだけや、相手の女性の家で引きこもるだけ…なんていうセックスだけが目的のデートになりがちです。

不倫という関係上、出歩くのが危ないということで、引きこもりがちになってしまうことも仕方ないといえば仕方ないのですが、少し遠出してでも普通のカップルのようにデートがしたいという気持ちは、相手のことを本当に好きなら当たり前のように生まれる気持ちです。

その希望を叶えようとしてくれるのであれば、不倫相手の女性のことをある程度大切に思っていることが分かりますし、デートプランをお任せしたときに自分の行きたい場所だけでなく、相手の女性の行きたいところも聞いてプランを練ってくれるのであれば、彼は不倫相手の女性に対して本気になっていると考えられます。

覚えてる?二人の記念日、大切な日

お祝いのシャンパン

知り合った日、付き合い始めた日、それ以外にも二人にとって大切な日となる記念日をきちんと覚えてくれているか、確認してみるのも、既婚男性が不倫相手の女性に対してどの程度の気持ちで付き合っているのかを確認する方法として使えます。

仕事に忙しい男性であればあるほど、プライベートなことに関する記憶力が薄れてしまうこともありますが、絶対に大切だと思っていること、忘れてはいけないと思っていることに関してはしっかり覚えているものです。

二人の大切な記念日をちゃんと覚えてくれているということは、それだけ彼女の存在を大切に感じてくれているということ。

その記念日を祝ってくれたり、一緒に過ごそうとしてくれているようであれば、その女性と本気で付き合っている証拠です。

もし、その記念日を覚えていなかったり、覚えていても無頓着でスルーされてしまうようであれば、あまり大切だとは思っていないといえます。

連絡のとりかたについて一度振り返ってみて

携帯チェックする女性

自分が既婚男性に大切にされているかどうかが分からず、それを知りたいと思っているのであれば、彼との普段のやりとりについて振り返ってみることをおすすめします。

この方法なら彼に直接確認をしたり、彼を試すようなことをしなくても普段のやりとりの中で知ることができるので、彼に試していることを知られるリスクもありません。

メールやLINEであれば、返信の頻度はどのくらいか、特に内容のないやりとりであっても、付き合ってくれているか、または彼から連絡をくれるときの内容は、会うときの約束を取り付けるものだけではないかなど、着眼点はいくつかあります。

既読スルーや未読スルーの頻度なども、本気で好かれているか遊ばれているかの線引きができる要素にもなります。

会えないときに、用事がなかったとしても、好きな人とであれば連絡をとりたい、声や文章だけでも相手の存在を感じたいと思うものです。

事務的な内容のやりとりしかしない、返信がなかなか返ってこないなど、彼からの連絡に不満な点があるなら、一度それを指摘してみるのも良いかもしれません。

そうすることで、彼が相手の女性に対して本気でなければ鬱陶しいと思い、態度が変わってくる可能性もありますし、本当に悪気がなく、相手の女性のことを本気で愛しているのであれば、彼女を不安にさせたことを後悔し、態度を改めてくれることでしょう。

本気で離婚に向けて歩み出した彼を応援してあげる気持ちを持って

光の中上を向く男性

不倫相手の女性に対して本気になり、この先もずっと一緒にいて欲しいと思った時に初めて奥さんと離婚することを意識し、離婚に向けて行動を開始しようと思い立つ男性は決して少なくありません。

離婚するにも奥さんとの間での問題や子供の問題、会社の立場上の問題など、問題は山積みです。

離婚するには本当にたくさんの労力が必要になり、精神的に落ち込むことや追い詰められることも多々あります。

もし彼が離婚をしようと考えていることを知ったのであれば、本当に愛した女性とこの先の人生を歩むため、決断し行動を開始した彼のことを温かく見守ってあげましょう。

この時期だけは彼のペースに合わせてあげて、彼に無理をさせず、彼が疲れたときに癒やしてあげられる存在、温かく迎え入れてあげられる場所でいることを心がけましょう。

そうすれば、彼は愛する女性との幸せな未来のために一生懸命頑張り、少しでも早くあなただけのものになれるよう、二人で堂々と一緒にいられるよう、準備を整えてくれますよ。

おすすめの記事