リラックスするカップル

会いたいときに会えなくて…。

そばにいて欲しいときにそばにいてくれなくて…。

不倫をしている女性の中には、そんなもどかしい思いをしたのが一度や二度ではないという方も多いことでしょう。

実際に、いつでもどこでも会えるわけではないのが不倫の関係。

お互いにどんな状況下で不倫関係を続けているのかによって会える頻度も変わってきます。

平均的に不倫をしている二人は、どのくらいの頻度で会っているの?

彼からもっと連絡が欲しいと思っているけど、ワガママを言ったら面倒臭い女だと思われそうで怖い…!

我慢しすぎず、彼に飽きられないよう関係を継続する方法を知れば、今よりもっと楽な気持ちで彼との恋を楽しむことができます。

相手の気持ちを推し量りすぎて、自分ばかり我慢してしまっている女性のために、彼に嫌われないように、もっと会う頻度を増やしたり、連絡の頻度を上げるためのポイントを紹介します。

目次

不倫相手とのデート回数。みんなはどのくらいの頻度で会っているの?

リスクを抑えるなら週単位ではなく月単位

後ろから抱き寄せる彼氏

冒頭で紹介した通、お互いがどんな状況下にある不倫関係かによって、会える頻度というのは多くなったり少なくなったりするものですが、一般的に不倫関係にある二人がデートができる頻度というのは、月に1~3回程度です。

片方、もしくは双方が忙しく仕事の休みを合わせられないとなると多くても月に1回程度のデートを楽しめるかどうかという状態になりますし、片方が相手に休みを合わせやすい仕事をしているのであれば、会える頻度は多くなってきます。

相手の男性に休みを合わせることができれば、もっと会う回数を増やせますし、彼の仕事が不定休であったり休みに融通のきく仕事であれば、会う頻度を増やすことは可能になります。

ただ、いくら彼を独り占めしたいとはいえ、彼が既婚者である以上は、休みをすべて自分に使ってもらうというわけにもいきません。

そうなればやはり、不倫関係にある二人のデートというのは月に多くて3回、少なくて1回程度だと考えられるでしょう。

独身同士の自由な恋愛ではないため、毎週のように会えると思っていると、頻度が少ない!愛されていない!と感じてしまうかもしれませんが、なかなか会えないのが当たり前の不倫関係であることを理解して、月に1回から3回程度会えているのであれば平均的だと心にゆとりを持ってくださいね。

月に1回程度だと少し少ないかなといった感じで、2~3回、もしくはそれ以上会えているのであれば、不倫関係の中では十分に会えているほうなのです。

職場不倫なら会える回数は多め?

男性の手帳とスマホ

一方で、会う頻度を高められるのは、同じ職場内で不倫関係にある場合です。

就業時間が同じであるため、出社も退社も時間が同じ、もしくは、片方が少し待てば相手に合わせることが容易となります。

そのため、お互いが「会いたい」となれば、簡単に予定を合わせることができるため、自然と会う頻度も高くなるのです。

ただし、仕事の後に会うということになりますから、頻度は高くても一度に一緒にいられる時間は少なくなってしまいます。

仕事が終わる時間によっては、食事だけして帰るか、ホテルだけ行って帰るかくらいの時間しかないかもしれません。

また、仕事帰りに会うからといって、会社の周辺では会うことはできず、会社から少し離れた位置まで逃げなければいけませんから、状況によっては、職場不倫だからといって一概に会う回数が増やせるというわけでもないといえます。

一緒に過ごせる時間は短くても会う回数が多いほうがいいか、回数は少なくても一度に一緒に過ごせる時間が長いほうがいいか、それぞれの考えかたで変わってくるものです。

あなたはどちらを求めていますか?

会う頻度を高めたいとか、一緒に過ごす時間を長くしたいなどと思っているのであれば、まずは彼のニーズも知っておく必要があるといえるでしょう。

不倫相手とのデートの時間の平均は??

青いベッドルーム

二人で休みを合わせて、丸一日デートができるというのであれば、朝から晩まで一緒にいることはできるでしょう。

相手の男性が仕事に行くという体で家を出てきた場合には、少なくとも仕事が終わる時間までは、一緒に過ごすことができます。

しかし、なかなか休みが取れない人だったり、お互いの休みを合わせられないようだと、仕事の後の時間を使って逢瀬を重ねるしかなくなってしまいますので、一緒に過ごせる時間というのはかなり少なくなってしまうこともあるでしょう。

夜だけ、もしくは昼間だけという形で会うのであれば、一緒に食事をしたり、映画を観たり、もしくはホテルに行くという時間を合計して、5時間程度が平均的です。

また、ホテルだけ行くという場合だと、多くても3時間くらいが平均的だといえるでしょう。

ただし、毎回ホテルだけ…というのであれば、彼が身体の関係だけを目当てで不倫関係を継続している可能性が消しきれません。

この場合は、彼との関係を見直し、改善できるようであれば身体だけの女として扱われている今の状況を変える必要があるといえます。

本気度の高い彼ならどんなに短い時間でも会おうとしてくれる!

お姫様抱っこでキス

あなたとの関係を大切に思っていて、あなたのことを失いたくない大切な存在だと思ってくれているのであれば、彼はあなたと会える時間がどんなに短くなったとしても、何とか時間を作って会おうとしてくれます。

好きな人には、たった5分でもいいから会いたい、少しでもいいから顔が見たいと思うのは、男性でも女性でも同じことです。

「毎回会う時間が短くて、愛されているのか不安になる。」という気持ちを抱いているのであれば、いつも会う時の状況を思い返してみてください。

彼は、無理矢理でも時間を作って会いに来てくれているのではありませんか?

本来なら会えるはずではなかった日に、急遽会える時間を作ってくれることはありませんか?

一緒にいる時間の長さはもちろん大切ですし、会える頻度が多いにこしたことはありません。

大好きな相手とは、片時も離れたくないと思うのは当然のことなので、そこであなたが「もっと一緒にいたい」「もっと会いたい」と思ってしまうことは、決して悪いことではありません。

また、自分の欲望を満たすためだけにちょっとした時間を作って、スッキリできれば、さっさと帰るなんて失礼な感情を抱いて不倫相手の女性との関係を続けている男性がいることも事実です。

けれど、それと同時に、一度に一緒に過ごす時間や、会える頻度というのが、彼があなたを思う気持ちに必ずしも直結するわけではないことも理解してあげましょう。

大切なのは、会うために彼がどれだけ努力してくれているか?というところなのです。

不倫相手と会う頻度が少なくても愛されるlineやメールの文面

「楽しく過ごしてるよ!」彼だけに依存しない姿を見せる

リラックスする女の子たち

不倫をする男性は、何かに縛られていることが多いので、これ以上縛り付けられることを嫌います。

既婚者という社会的な立場に縛られている、奥さんの束縛が激しいなど、何かしらを窮屈に感じたからこそ、不倫を始めたという男性は珍しくなく、不倫相手と一緒にいる時間に、心も身体も解放され、安心できる、ホッとできると感じられるものなのです。

そのため、不倫相手が束縛をしたり、過度に自分に依存し、「あなたなしでは生きていけないの!」とすがりつかれるようなことがあると、一気に気持ちが冷めてしまうこともあります。

「リスクを冒してまでこの人と一緒にいるメリットがない」と思えてしまうのです。

自分の時間を大切にして、友達と過ごす時間や、趣味にかける時間もしっかりとって、彼に対して「今日はこんなことをしてたんだけど…」と報告してあげると、彼は「自分と会えないときにはそんなことをしているのか」と普段自分といるときとは違うあなたの一面を知ることもできます。

「友達と、久しぶりに飲みに行ってきたんだよ。めっちゃ恋愛ネタで盛り上がっちゃったよ~。」

「趣味の○○やってきたんだけど、すごい楽しかった。そこでこんなことがあったんだ……」

このように、何でもない日常をさらっと、かつ楽しそうに彼に報告することをおすすめします。

また、あなたが自分といるとき以外も楽しそうにしているのを知って、「この子だったら依存してこない」と認識し、あなたとの関係に安心を抱きます。

それと同時に、「俺がいなくても大丈夫ってこと?」とちょっぴり不安を抱かせることもでき、その嫉妬心や不安感が、さらにあなたを自分のもとにとどめておきたいという欲求に変わっていくのです。

“自分の話”より“彼の声”に耳を傾けること

うつぶせでキス

あなたを不倫相手として選んだ男性は、少なからずあなたのことを信頼し、そして自分のことを何でも打ち明けたいと思っています。

そのため、“自分の話を聞いて欲しい”とも考えています。

だからこそ、あなた自身の話ばかりではなく、彼の話にじっくり耳を傾けてあげることも大切です。

こればかりは、返信の文面がどうこうというわけではないのですが、彼が仕事で疲れて愚痴を言ってきたり、体調不良を訴えるようなLINEやメールがきたときも、「一緒にいられないんだから何もできるわけないじゃん」とふてくされてしまうのではなく、彼に心を寄せて、彼の意見に同調してあげたり、親身になって話を聞いてあげるように心がけましょう。

例えLINEやメールという文章の中だったとしても、自分と喜怒哀楽を共にしてくれたり、自分の心配をしてくれるあなたに対して、彼は愛しい感情を抑えることができなくなります。

「仕事、大変だったんだね。それは疲れちゃうよね。」と同調してあげることや、「風邪ひいちゃったの?代わってあげられたらいいのに。」など、寄り添って、彼のことを想っているという感情を伝えられるといいでしょう。

また、「こういうときに看病してあげられないのがもどかしいな…。」のように、本当であればいつでもそばにいて、あなたを支えたいと思っているんだよという、素直な感情を挟んでみるのもおすすめです。

「俺に抱いてくれている感情は、外面だけじゃないんだな。」と彼を喜ばせるひとことになります。

「どこにいてもあなたのことを想ってる」彼に対する一途な愛情を伝える

ハートの石とI LOVE YOU

「依存されるのは困るけど、かといって他の人のところに行かれるのは嫌だ。」

こんな男性の本音を聞いたとして、あなたはワガママだと思いますか?

こっちは毎日不安と嫉妬を必死に押さえ込みながら過ごしているのに、自分のことを棚に上げて何を言ってるんだろう…!と不快な気持ちになりますか?

けれど、実は、不倫関係にあったとしても、あなたのことをちゃんと好きだと思っている男性は、普段のあなたが何をしているのか、かなり気になっているものなのです。

男性としては、自分は既婚者であり、ある意味では縛られているので、あなた以外に割く時間はないけれど、あなたは自由な身だから、いわば誰と何をしていても責められる立場ではないという気持ちでいるため、時に不安な気持ちを抱いてしまう場合もあるのです。

かといって、先ほどお話したとおり、過度に依存されるのは嫌だ、縛られるのは嫌だと思っている節もあるので、なかなか難しいところではある男心…。

これを逆手に取って、彼にもっと愛してもらえるようにするのであれば、彼の不安な気持ちがLINEやメールから伝わってきたときに、素直に「私が好きなのはあなただけ」という気持ちを伝えてあげるといいでしょう。

できるだけストレートに、彼に対して真摯に向き合うように、決して茶化したりはしないように。

それだけ意識して、あなたが彼に抱いている愛情を100%伝えてあげることができれば、彼は安心できると同時に「この人は自分のことをここまで思ってくれている」と嬉しくなり、あなたにもっと深い愛情を抱くようになります。

愛されたい、認められたい、必要とされたい、という男性特有の承認欲求を、“彼自身が満たしたい”と思っているときにピンポイントで満たしてあげることができれば、彼にとってあなたの存在はもっと大きなものになるでしょう。

「だから何?」と思われるような内容のないLINEやメールはやめる

必死にメールを送る女性

突然送られてくる、「今日こんなの食べたんだ」という文面と料理の写真。

一度や二度であればまだしも、連日のように送られてくると、男性からすれば「だから何?」となってしまう恐れがあります。

女性と違って男性は、料理の写真を撮って共有したり、SNSにアップしたりというマメな人は少なく、理解ができないと感じている人もいます。

たまに友達と旅行などに行って、写真を送るなどであれば良いのですが、常日頃から毎日のメニューを紹介するかのように写真を送るのは避けたほうがいいでしょう。

また、「今日は○○へ行ってきた」とか、「仕事で忙しくて疲れた」といった内容も、頻繁に送りすぎると、彼が返信に困ってしまいます。

彼へのLINEやメールが、あなたの日記代わりになることがないよう、気をつけなければなりません。

彼からの連絡頻度を高める方法

彼のことをもっと知りたい!と聞く側に回ってみる

スマホを持つ手

彼からのLINEやメールの頻度を上げたいのであれば、彼の話を聞き出すのに一生懸命になってみることをおすすめします。

あなた自身の今日あった出来事を報告するよりも、彼に今日はどんなことがあったのか聞いてみるとか、日々のちょっとした出来事からインスピレーションを受けたことを彼に聞いてみるといいでしょう。

「明日、買い物行こうかなと思うんだけど、○○くんって、どんな系統の服が好きなの?」なんて、ごく自然な無理のない会話からでもいいでしょう。

「今日の夕飯、まだ何作るか決めてないんだけど、困ってるから、何かヒントちょうだい!○○くんの好きな食べ物でいいから!」とお願いしてみるのもいいかもしれません。

こういった、彼の意見を求める質問をすることで、彼は自分の話をあなたにしてくれるようになります。

そもそも、不倫相手とはいえ彼女になった時点で彼はあなたに自分のことを知って欲しいという欲求が生まれているのですから、あなたに自分の意見を求められて悪い気はしません。

あまりにも興味がないことであれば、多少素っ気ない返事になることもあるかもしれませんが、彼の好きそうなもの、興味を持ちそうなものに対して、「あなたのことが知りたい」という気持ちを押し出しつつ、彼の話を聞き出すスタンスを保ってみましょう。

最初はあなたの質問に答えるだけだった彼も、だんだんとあなたに対して「自分の話を聞いてくれる人」という認識が強くなっていくため、あなたから質問しなくても自分の話をしてくれるようになります。

すると、今度は彼の話にあなたがチャンスをもらえるようになってきます。

例えば、彼の好みを知ることができれば、彼の理想にあった女性になれるよう、努力することができますよね。

こんな女性が好き、あんな服装の女性が好きといった好みを知ることもできれば、奥さんに対する愚痴を聞き出すことができるかもしれません。

「うちの奥さん、掃除全然やらないんだよね。」なんて言葉を聞けば、あなたは掃除がしっかりできることをいつかアピールできるようにすればいいのです。

彼の話を聞き出すことは、彼にもっとあなたに対して心を開いてもらい、さらにはあなたが彼にもっと愛されるために活用できる情報を得ることができる、一石二鳥な方法だといえます。

即既読!即返信!で彼にプレッシャーを与えないようにする

真剣にスマホを見る女性

一般的に、男性は女性と比較してLINEやメールにマメでない人が多く、LINEやメールを“コミュニケーションツール”というよりは、“ただの連絡手段”と捉えている人が多いです。

そのため、自分の特別な感情を踏まえて文字を打ったり、文章を考えたりすることがあまり得意ではありません。

大好きな彼からLINEやメールがくると、つい嬉しくなってすぐに既読にし、素早く返信してしまうのは仕方ないことですが、もしかするとこれが彼にとってはプレッシャーになっている可能性があります。

毎回、毎回、あなたからの返信がすぐに来てしまうと、彼からすれば「俺も早く返信しないといけないのかな?」とあなたから無言のプレッシャーを感じるようになってしまいます。

これは、例えあなたにそんな気がなかったとしても…です。

男性は、狩猟本能があるため、追いかけられるより、追いかけたいという気持ちが強く、即座に返信がくるあなたからのLINEやメールに対して、追いかけられているという心情になってしまい、うんざりしてしまうのです。

反対に、送ったLINEやメールに対してなかなか既読がつかなかったり、返信がこなかったりすると、不安になってあなたへの思いを募らせ、追いかけたいという本能に火が付くことがあります。

あなたとしては、自分がLINEやメールを送信したら、あとはどんと構えていることです。

なかなか返信がこないからといって、次々に急かすように連投でLINEやメールを送るのは彼を追い詰めて窮屈さを感じさせてしまいます。

返事がくるまで待ち、急ぐような内容でなければ、即返信はしないで少し放っておくことです。

少し強気に言えば、多少なり彼からの返信を放置したほうが、彼に「あれ?返事がこない…どうしたのかな?」と心配させられます。

心配して不安になることで彼があなたを意識し、気にかける時間が増え、「あまり放っておくとどこかにいってしまうのではないか」と焦らせることができるので、即既読、即返信をやめることは結果として、あなたにとってプラスに働くのです。

彼にできないことや無理をさせることを求めない

渋い顔でスマホを見る男性

既婚者である彼には、できないことも多いでしょう。

例えあなたが、「今すぐ会いたい!」と言ったとしても、すぐにあなたの元に駆けつけられることはないのです。

それは、不倫という関係上、我慢しなければいけないことですし、彼が既婚者であることを分かっていて付き合ったのであれば、そこは理解してあげなければいけないところだといえます。

男性としても、あなたのことが大好きで、大切に思っているのですから、本来ならいつだって会いたいと思っているし、あなたの喜ぶ顔が見たいと思っているので、あなたの要望にもできるだけ応えてあげたいと思っているのです。

だからこそ、何度もできないお願いをされてしまうと、ストレスが溜まってしまいます。

LINEやメールというのは、例えどんなに可愛い絵文字やスタンプを使ったとしても、あなたの本当の気持ちというのを100%正確に彼に伝えることはできません。

あなたが半ば冗談で「今から会いたい」と送ったとしても、彼にとってはそれがあなたの心からの願いだと受け取れてしまう可能性だってあります。

できないお願い、してあげられないお願いを頻繁にされることで、男性は自分に自信をなくしてしまうと同時に、あなたとのLINEやメールが苦痛になってしまうのです。

そうなれば、まず彼からの連絡の頻度が高まることはありません。

反対に、彼から「会いたい」と言われるまでは、あなたから「会いたい」と言わないというのも、彼からの連絡頻度を高める一つの方法でもあります。

「会いたいって言ってこないけど、気持ちが冷めたりしているのかな?このままじゃマズいな…」と彼に思わせることができるからです。

会えなくても大切にしなければ、自分の存在をアピールしなければと彼が考えた結果、LINEやメールの頻度が増えるのです。

デート・連絡回数が減ってきた時の男性心理

別れ・自然消滅を狙っている可能性も?!

別れを連想させるバラ

月に2~3度ほど会っている関係であれば、連絡を絶つことで疎遠になってしまうものです。

デートの回数が月に2~3回から1回に減り、2ヶ月に1回程度になり…と、頻度が減ってきたり、LINEやメールの頻度が減ってきたときに考えられるのが、彼の心変わりです。

他に好きな人ができたり、ただ単純にあなたへの愛情が冷めてしまったりと、理由は様々ですが、連絡をとらないことで関係をフェードアウトさせ、自然消滅へと持ち込もうとしている可能性はゼロではありません。

あなたが送った連絡に対して素っ気ない返事が返ってくるだけだったり、彼から連絡をくれることがなくなったようであれば、可能性は高いと考えられるでしょう。

やっぱりイケナイこと…2人の関係に歯止めをかけようとしている

雨の降る外を見る男性

連絡の頻度が減ったとしても、あなたへの気持ちが冷めたとは限りません。

不倫というイレギュラーな関係上、彼が二人の関係に罪悪感を抱いているという可能性もあります。

独身で本来なら自由に恋愛を楽しむことができるあなたを、既婚者である自分との恋愛に縛り付けてしまっているという罪悪感である可能性もありますし、バレること、人に知られることが怖くなったというケースもあります。

また、奥さんに対してや子供に対して罪悪感を感じ、不倫という関係を継続すべきかどうかについて悩んでいる最中だということも考えられます。

この場合は、冷めたときとは違って、彼からくる連絡の中に何かしらの意味深なメッセージが含まれている場合がほとんどです。

「好き」だとか、「愛している」だとかいう言葉は減ることはありません。

彼があなたに対して抱いている気持ちに変化はないからです。

しかし、そんなやりとりの中にも、あなたに対する申し訳ないという気持ちや、家族に対する気持ちを感じ取れる言葉が入っているのであれば、彼は今現在、あなたとの関係を続けようか、辛くてもここでやめたほうが良いのではないかと心の葛藤を繰り広げているかもしれません。

何がネックとなり、あなたとの関係について悩んでいるのかを知ることができれば、まだ彼の心を引き留められるチャンスは大いにあります。

彼も離れたくないから、すぐに関係を終わらせることなく、連絡の頻度だけ減らして悩んでいるわけですから、一度彼ときちんと話し合い、彼が何を考えているのか、どうすればその問題が解決できるのか、二人で考える時間を作ってみるといいでしょう。

嫌いになったわけじゃないけれど、ちょっと一人になりたい

一人崖に腰掛ける男性

これまであった彼の生活のベースに、不倫関係をスタートさせたことで、あなたが入り込んだ形になります。

そのため、これまで彼が一人で過ごすことができていた時間や、趣味に費やすことができていた時間というものが、あなたに費やす時間に代わり、彼が完全に一人で過ごすことができる時間というものが無くなってしまっているかもしれません。

当然、彼にとってはあなたは大切な存在で、自分の一人の時間を犠牲にしても一緒にいたいと思ったからこそ、今の関係になっているわけですから、彼も迷惑だとか、後悔だとかいう気持ちは抱いていないでしょう。

しかし、ふとしたときに一人になりたい、そっとしておいて欲しいと、疲れてしまうことはあります。

決してあなたと別れたいわけではないから、別れ話は持ち出さないけれど、連絡の頻度を抑え、デートの回数を減らし、一人で過ごす時間を増やそうとしているのです。

ここであなたが彼に「もっと会いたいのに」とか、「何で連絡くれないの?」などと問い詰めたり、責めてしまうと、あなたのことを好きだという感情も、消えてしまいかねません。

普段の連絡の中や、会ったときの会話の中で、彼が自分のためにどれだけの時間を犠牲にしているのか、自分と会う時間をどうやって捻出しているのかを知ることができれば、彼が今自分と連絡を取らないのが疲れているからなのか、それ以外の理由なのかが分かるはずです。

仕事が忙しい・家庭の用事がある

忙しい人々

あなたに対する気持ちどうこうというわけではなく、ただ単純に仕事が忙しいことでなかなか連絡ができなかったり、会う時間を作ることができなかったりという場合もあります。

この場合は、あなたに対する気持ちが冷めているわけではなく、ただそれ以上に忙しい時間が続いているため、あなたのことを考えていられる余裕がなくなってしまっているのです。

あまりにも放っておかれるようであれば、「ちょっと放置しすぎだと思う!」と、彼に対して一石投じることは必要です。

ただし、男性は一つのことにしか集中できない習性の生き物です。

女性と違って、あれもこれもと要領良くこなすことはできません。

本当に忙しくて、いっぱいいっぱいになっているときに、あなたから責められることで、「だったらもういいよ!」と投げやりに関係を終わらせようとしてしまうリスクがあることも忘れないでください。

また、仕事以外にも、家庭内で何かあったということも考えられます。

例えば、身内に不幸があったとか、生活環境が変わったなどといったことです。

これまでは自分一人で寝ていたけれど、子供が一緒に寝るようになったことで、夜自由にスマホをいじれなくなってしまった…なんてことがあるかもしれません。

もちろん、こういった生活環境の変化に関してなら、あなたに対して落ち着いた時期に説明があるはずです。

あまりにも、説明もなく、放置される時間が長くなったり、デートの回数が減るようであれば、一度彼に問いただしてみてもいいでしょう。

長く愛される女性になるための秘策

自分の作ったテンプレートに彼を当てはめない

パズルを掴む手十人十色、彼と全く同じ考えで、彼と全く同じ気持ちを持っている人というのは存在しません。

だからこそ、あなたは彼に惹かれ、彼はあなたに惹かれ、二人は不倫という関係ではありながらも恋に落ちることになったのです。

離婚してくれないから、彼があなたに対して本物の愛情を抱いていない…。

例えるなら、「あなたのことを本当に愛している彼であれば、すぐに奥さんと離婚するはず。それをしてくれないのは、あなたが本当に愛されていないから。」という言葉。

この情報を鵜呑みにしてはいけません。

会う時間や頻度が“=あなたへの愛情”ではないと説明したのと同じで、この情報だけで、彼が自分のことを愛しているのか愛していないのかを推し量ることはできないのです。

人によっては奥さんより圧倒的に不倫相手に対して愛情を抱いていても、子供に対する責任感から、離婚ができないと思っている男性もいます。

いつかは離婚しようと思っていても、まだかなり先だし、あなたに期待を持たせては悪いと、それを話せないでいる男性もいます。

大切なのは、あなたの瞳に映っている彼だけを信じてあげることです。

世の中にあふれかえっている不倫男性のテンプレートというのに、彼をまるごと当てはめてしまってはいけません。

もちろん、ここで紹介している情報も含め、不倫関係をうまく続けていく参考になる情報はたくさんありますが、たった一つの情報だけをベースにして、彼をそのテンプレートに当てはめ、判断してしまうのはとてももったいないことです。

人にはそれぞれ事情や考え、その時々にあった行動の取り方の正解・不正解があります。

あなた自身が彼のすべてを把握し、状況を理解し、本当の彼を知り、受け入れてあげてください。

本当の彼を知り、理解して受け入れてあげることができるのは、世界中で彼と今、恋に落ちているあなただけなのです。

そうすれば、彼も同じようにあなたを受け入れ、二人の関係はずっと円満に続くことでしょう。

大切なのは“尊重”!彼の行動、態度、言葉を尊重してあげる

ガラスの穴

自分の考えだけを押しつけるのは、彼に無駄なプレッシャーを与えたり、束縛をされていると感じられたりして、あなたにとってマイナスになることばかりになってしまいます。

彼の意見を尊重し、彼の生活を尊重してあげることも、彼に長く愛されるための秘訣であるといえるでしょう。

自分の理解者に対し、人は“飽きる”ことはありません。

なくてはならない存在にはなったとしても、いて当たり前の存在になったとしても、必要のない存在になることはないのです。

彼があなたのために一生懸命になって時間を作ったり、関係を継続させていく努力をしてくれているのであれば、あなたは彼の努力を尊重し、彼に合わせてあげるようにしましょう。

本来であれば、目をそらしたい事実かもしれませんが、“当たり前の恋愛ができないのが不倫”です。

付き合っているならこうするのが当然とか、愛しているならこれくらいしてくれて当たり前が通用しないものだと理解し、彼の努力を認めてあげましょう。

自分の努力を認めてくれて、自分という人間を尊重してくれていることに彼が気づき、彼があなたのことを本当に愛しているのであれば、あなたはこれからもずっと彼に愛され、大切にされます。

自分の心の安定を最優先にできる女になる!

白いワンピースの女性

彼のことを尊重して、大切にしてあげることも重要ですが、不倫という難しい恋愛をしているあなた自身を大切にしてあげることも忘れないでください。

思うように好きな人に会えないなど、制限の多い恋愛である不倫という関係において、自分でも想像できないほどのストレスを抱えていることもあります。

そんなときに、自分の心を上手に安定させられる方法やパワーを持っている女性になりましょう。

時には、「もうこんな恋愛嫌!」と投げ出してしまいたくなることもあるかもしれません。

これまでにもそんな出来事は多々あったことでしょう。

「どうして不倫なんてしてしまったんだろう」と後悔し、涙を流したこともあると思います。

それでも、今まだ彼と一緒にいるのは、あなたが彼のことを本当に好きで、一緒にいたいと思っているからなのだと思います。

一生懸命頑張っている自分を大切にしてあげることで、彼から愛され続けることもできるのです。

必要なのは、彼を想う気持ちもそうですが、それ以上に“自分の心を安定させる”ことです。

彼以外に好きなものを見つける…趣味でも、食べ物でも、運動でも、何でもかまいません。

モヤモヤしていても、これで心を落ち着かせることができると思える何かを見つけてみるのはいかがでしょうか?

彼との関係にモヤモヤしたり、怒ったりしたときに、それを彼自身にぶつけるのではなく、自分で考えた何かしらの方法で自己処理することができれば、彼にプレッシャーを与えることも、嫌な思いをさせることもなく、長く愛されることができます。

広く大きな海のような心を持っていれば彼の心は掴んでおける

本を読む美しい女性

いかがでしたか?普段の彼とのデートは、平均的に見て、多い方だったでしょうか?それとも少ない方だったでしょうか?

もし、少なかったのであれば、まずは彼との連絡の頻度や内容に目を向けてみると良いかもしれません。

彼の行ってみたいところ、食べてみたいものの会話をしてみたり、次のデートの繋がるような話題を出してみたり、彼にもっとあなたに会いたくさせるような会話を楽しむことができるといいでしょう。

もし、デートの回数や連絡の頻度に不満があったとしても、その不満を解消させることはできます。

不満をそのまま焦りや苛立ちに変えてしまうのではなく、ゆったり、どっしりと構えて、彼を受け入れられる強さを持ちましょう。

あなたの人生において、彼が占める割合をちょっぴり減らして見るのも一つの方法です。

他に好きなものを見つけ、夢中になれるものを見つけることで、ちょっとだけ彼から解放されてみませんか?

もしかすると彼は、あなたが自分から離れていかないとあぐらをかいているかもしれません。

そんな彼を少しだけ、焦らせることで、彼にとって手に入っているのに自分のものではないような、手が届いているのにすぐに逃がしてしまいそうな、興味深い存在だと思わせることができます。

そうすれば、飽きられることもなく、長く愛してもらうことができますよ。

彼とあなたの関係が、円満に長く続き、あなたが彼に思いっきり大切にされ、愛されますように。

おすすめの記事