キスするカップル

立場も同じで一見平等な立場に見えるダブル不倫という関係ですが、相手を想う心までが平等とは限りません。

ダブル不倫をしている相手が、自分と同じように自分のことを想ってくれているか分からなくて不安を感じている女性もいるのではないでしょうか。

もしかすると、彼が本気になれない理由があなたにあるという可能性だってあります。

時には自分の心も分からなくなってしまう恋愛においては、より一層、人の心の中までを知ることはできません。

ましてや、自分が愛する人のこととなれば、第三者の立場になって冷静に相手の心の中を分析するというのはなかなか難しいことでもあります。

そこで今回は、彼があなたに投げかけてくれる言葉に嘘はないのか、彼の言葉の真意を探るためのポイントや、あなたとのダブル不倫に対する彼の本気度を高める方法を、あなたの代わりに分析し、紹介します。

目次

ダブル不倫の男性が口だけ男になってしまう理由

女性の不倫は難しいことを知っている!自分しか相手がいないという安心感

悪そうな男性

一般的に男性に比べて、女性の不倫は難しいといわれています。

理由はいくつかありますが、一つには、男性の不倫というのは世間一般的に心まで奪われることは稀なイメージが強いですが、女性の不倫の場合は心まで完全に相手にのめり込むことが多いため、バレやすいとされているからというものがあります。

また、心まで相手にのめり込めば、そう簡単に切り替えて次の男性へ…ということができないというポイントにも繋がるわけです。

口先だけになってしまうダブル不倫男性は、女性の不倫に対するそういった心の面での特徴を知っている可能性が高いといえます。

だからこそ、言葉だけで何とか相手をつなぎ止めておけば、他の男性に行かれる心配はないし、自分のことを想い続けてくれるだろうと踏んでいるのです。

ずるいような気がしますが、そうなっているのは不倫相手の男性とあなたの心に温度差があるからといえるでしょう。

あなた自身は本気で相手と向き合っているけれど、彼のほうはそこまで本気にはなっておらず、ひとまず関係を継続させるために甘い言葉をかけて、相手の心が自分から離れないようにしようとしているのです。

遊びたいけど本気になりたくないからダブル不倫を選んだ

秘密にする男性

もともと、ダブル不倫を始めようとしたキッカケが、「ちょっと遊ぶ相手が欲しいな」程度の気持ちからだったのであれば、口だけ男になる可能性が高くなります。

不倫の相手を探す時点で、既婚者の女性を選んだのも本気にはなりたくなかったからだったというケースもあるくらいです。

相手が結婚していれば、関係がこじれるリスクを抑えることもできますし、別れても後腐れ無く関係を切ることもできると踏んでいるわけです。

独身女性を不倫相手に選ぶと、相手が本気になる可能性も、別れるときに面倒になるリスクも高いと考えている既婚男性は、既婚女性とダブル不倫をしたほうが、万が一の時に楽だと分かっています。

つまり、最初から別れるときのことを考えて、相手を決めているということになるのです。

ダブル不倫という関係が自分の計画した浮気の形であり、相手に夢中になって関係をスタートさせたわけではないというケースもあるわけですから、本気になるはずがありません。

片手間の付き合いといっても過言ではないでしょう。

そのため、一度手に入れれば後は口先だけで何とか関係を維持しようとします。

好きな気持ちはあっても予定を合わせるのが難しい

ジレンマに苦しむ男性

これまでは、ダブル不倫という関係に対して責任感を感じておらず、ただ相手の気持ちを自分に向けるためだとか、関係を維持しておくだけという理由だけで、口だけ男になっているケースを紹介しましたが、真面目に相手を想っているのに口だけ男になってしまうケースというのもあります。

相手のことを真面目に好きでいて、大切にしたいとも思っているのですが、自分が相手に時間を合わせることができず、結果的に普段言葉に発している約束が果たせないままになってしまい、女性側からすれば「口先だけ」と捉えられてしまうのです。

思っているように自由に動くことができないために、口頭での約束を守ることができないという事実には、相手の女性だけでなく、男性本人も苛立っていることでしょう。

この場合は、相手の女性に対する謝罪の言葉があったり、代わりの約束をしたりと、必ず何かしらの代替案を提案してくれるため、決して最初から最後まで口だけ男になることはありません。

ダブル不倫で付き合っている彼がこのケースに当てはまる場合は、そこまで心配することはありませんが、彼は彼であなたを大切にしたいけれどできないというジレンマと必死に戦っている状況でもありますから、あまり責め立てることはせず、広い心で状況を見守ってあげるようにしましょう。

「俺、ダブル不倫してる!」自分の置かれた状況に酔っているだけ

スリルのある恋

今自分が置かれている“ダブル不倫をしている”という状況そのものに酔ってしまっている状態の男性は、相手の女性を大切にするとか、楽しませるなんていうことは二の次になっている可能性があります。

不倫をしている男女が多くいる中でも、ダブル不倫というのは誰でもできるわけではありません。

それぞれ奥さんや旦那さんというパートナーがいるにも関わらず、禁断の恋に落ちているという自身が置かれた状況にスリルを感じ、「こんな恋愛ができちゃっている俺、すごい!」と興奮している状態だといえるでしょう。

このタイプの男性は、興奮するあまり、できもしない約束を不倫相手の女性にしてしまうことがあります。

「二人で旅行に行こう」なんて約束をしても、結局は家族に伝えるうまい言い訳が見つからず、旅行には行けないとか、「誕生日には一緒に過ごそう」なんて伝えておいて、結果的に時間が作れず、一緒に過ごすことができないなど、夢のような計画ばかりを口走って、何一つとして実行できないことが多いタイプです。

ダブル不倫できている事実にテンションが上がってしまっているだけの可能性も捨てきれないため、いざ状況に慣れてしまうと途端に関係を面倒臭がったり、会う機会を減らしたり、連絡を減らしてフェードアウトさせようとすることもあります。

ハッキリ言って、女性にとってはダブル不倫の相手として付き合うことに何のメリットもない口だけ男と言えるでしょう。

ダブル不倫で男性が遊びの不倫相手に使う頻度の高い甘い言葉

「愛してるのは君だけ」…言葉だけで終わってない?

見つめ合う二人

「愛している」なんて言葉は、言うだけであれば誰にでも言えます。

中には、「男性はなかなか言えない生き物」とか、「言葉にするのに照れてしまう」なんて意見もありますが、ダブル不倫ができるだけの度胸を持っている男性が、「愛している」という言葉を言えないなんてことのほうが、珍しいといえるでしょう。

つまり、言い方を変えれば、不倫相手に本気になっている男性だけでなく、遊びで付き合っている男性でも、相手の女性に対して「愛している」という言葉は投げかけることができるのです。

「じゃあ、愛してるって言葉だけで本気か遊びか見分けることはできないの?」と疑問に思うかもしれません。

答えは、“イエス”でもあり“ノー”でもあるのです。

「愛している」という言葉だけで判断するのは難しいでしょう。

声のトーン、言い方、そのどれをとっても演技をすることはできてしまいます。

しかし、「愛している」という言葉に伴う彼の動作、これで本気か遊びかを見極めることは可能です。

彼が、あなたに対して「愛している」とと囁いた後に、彼の目をのぞき込みながら「本当に?」と聞いてみましょう。

もしくは、何も言わなくても彼にプレッシャーを与えることができます。

彼の言葉が本心からのものなら、あなたの目を見つめ返してくれることでしょう。

自身の言葉に嘘偽りがないから、愛する人の目を見つめることに何の抵抗も感じないのです。

しかし反対に、あなたに投げかけたひと言が嘘だったとします。

彼は、その言葉を投げかけた後、あなたの目をまともに見ることはできないでしょう。

「見透かされているかも」という後ろめたい気持ちがあるからです。

愛しているの言葉をくれた後の彼の瞳をじっとのぞき込んで下さい。

その瞳が揺らぐかどうかで、あなたへの本当の気持ちが分かってしまいます。

「いつか離婚するまで待ってて」…あなたに離婚して欲しいとは言わない?

結婚指輪を外す

「いつか離婚するから待っていて」とか、「時期がきたら、結婚しよう」なんて二人の将来を匂わせる発言ばかりするダブル不倫男性には要注意です。

付き合いたての頃からそんな言葉を与えられてしまうと、女性側もスリルのある恋愛に舞い上がっている時期ですから、嬉しく感じてしまうかもしれません。

「この先もずっと一緒にいてくれる」と思い込んでしまいます。

しかし、それが本音かどうかは分かりません。

相手に対して遊びの感覚しか抱いていない男性こそ、この言葉を頻発して使うことが多いからです。

もちろん、今の奥さんと離婚する気はさらさらありませんし、もし結婚生活がうまくいっていなかったとしても、あなたと一緒になる気はないかもしれません。

あなたに離れていって欲しくないから、言葉で縛り付けようとしているだけである可能性が高いのです。

この言葉の真意を探るには、彼があなたに対して「離婚して欲しい」という意志を提示してくるかどうかだと考えられます。

自分が離婚する、しないの話だけではなく、あなたに対して「離婚する気はあるか」「自分と一緒になる気はあるのかどうか」について尋ねてくることはあるか、考えてみてください。

あなたに対して本気の男性であれば、あなたの意志も確認してきます。

あなたの言葉で、自分たちの関係をどういう形で維持し、最終的にはどうなっていたいかという意見を求めてくるでしょう。

それに対し、遊びで付き合っているだけで、「離婚するから結婚して欲しい」という言葉を、あなたを自分に縛りつけておく鎖代わりに使っているだけの男性は、あなた自身の意見については特に聞いてくることはしません。

そこであなたからの意見を聞き、自分に本気になっていることを知るのが怖いからです。

自分がその質問を投げかけたことで、あなたの「この男性と結婚したい」という欲望に火が付いてしまうことを恐れている、または厄介だと思っているからこそ、自分に都合がいい発言だけにとどまっているといっていいでしょう。

こういった発言をするタイプの男性は、このダブル不倫の関係を、自分に都合がいいように利用しようとするので、他の面に関しても女性の意見をあまり聞かない傾向が見られます。

デートの行き先や日程など、ワンマンで決めてしまうことが多ければ要注意です。

彼の「いつか離婚する」という発言は信じないほうがいいでしょう。

「いつでも君のことを考えているから」…その割に会う回数は少ない…

誰かを待っている女性

言葉の割に、自分との時間を作ろうとする努力が足りない気がする…なんて、彼に対して不満を抱いてはいませんか?

先ほども紹介したように、実際にあなたとの時間を作りたくて作りたくて仕方ないのに、うまく時間を合わせることができないという男性がいます。

こういうタイプの男性は、最初のうちはあなたにとって都合のいいこと、二人にとって幸せを感じられる発言ばかりをしてきますが、なかなか実現できないことに自分で苛立ち、あなたへもきちんと謝罪をしてくる特徴があります。

かえって、何も実現できていないのに甘い言葉を止めようとしない男性のほうが、不誠実であなたのことを遊び相手だとしか思っていない可能性が高いのです。

「いつでも会いたいと思っている」とか、「ずっと一緒にいられたらいいのに」なんて会いたいアピール、長い時間一緒にいたいアピールはするくせに、いざデートとなればその頻度は少なく、一緒にいられる時間も数時間あればいいほう…なんて付き合い方を続けている場合は、あなたのことをただの遊びの相手、浮気相手としか考えていないのでしょう。

いずれも、片手間でそばに置いておき、自分に都合に合わせて会おうという、都合のいい女扱いをしようとしている恐れがあるので、このタイプの男性は信用せず、さっさと彼の元を去ってしまったほうが良いといえます。

一緒にいてあなた自身にプラスになることは何一つとしてありません。

本気度ゼロ!浮気で終わってしまう女性の特徴や性格

恋に恋している女性は相手のことを本気で愛していない!

セクシーな口元

相手に対して抱く愛情ではなく、自分自身への愛情が強い女性は、それが相手に伝わってしまい、相手から本気で愛されることがないままと成ってしまうケースが多く見られます。

相手に恋をしているというよりは、恋をしている自分が好きだという性格なので、相手に対する思いやりや、相手から受け取った気持ちを同じ分だけの愛情として与えようという気持ちを持っていないのです。

恋愛は、ギブアンドテイクなところがありますから、自分が与えた分だけの愛情に見合う愛情が返ってこなければ、相手の男性としても「自分はそれだけの存在なのか」とガッカリしてしまいますし、同時に「だったらそこまで大切にする必要はないよな」と判断されてしまいます。

女性自身が、自分が不倫相手ではなく、自分自身に酔いしれてしまっていることに気づき、相手への態度を改めようとしなければ、いつまでダブル不倫を続けても、どんな相手とダブル不倫をしても、毎度同じ結果になってしまうことでしょう。

それに毎回相手の男性にとても失礼なことをしているとも言えます。

恋に恋している間は、様々な物事を犠牲にし、お互いを深い絆で結ぶことで関係を続けていける、ダブル不倫のような恋はできません。

自分の寂しさだけ埋めたい女性は本気になってもらえない

裸でシーツにくるまる女性

お互いに平等な立場にあることを忘れ、自分の都合ばかりを相手に押しつけて振り回すような女性は、不倫相手から本気の相手として見てもらうことはできません。

二人で会う時間を作る際、お互いの立場が平等であることを忘れてはいけません。

男性のほうも、相手の女性と会うために数少ない機会を狙って予定を立てようとしています。

もちろん、女性のほうも限られた時間の中で、相手の男性と会う時間を捻出しているわけです。

自分だけが楽をして相手の都合を考えず、予定を立てようとしたり、ワガママや無理を言って男性のほうに窮屈な思いをさせるようでは、男性側からすれば「自分が会いたいときだけ無理矢理声をかけてくる」という印象を抱くようになってしまい、女性に「都合良く振り回されているだけ」という認識を抱いてしまいます。

そうなれば、女性のほうは自分を本気で愛してくれているわけではないと決めつけてしまうことでしょう。

そして、自分も相手の女性に対して本気の感情を抱かなくなってしまいます。

ダブル不倫の関係というのは、片方が既婚という不倫関係に比べて、さらに予定を合わせるのが難しくなることもあり、会う機会がかなり制限されてしまうこともあるものです。

既婚男性に本気で愛してもらえないのは、女性側がそれを理解できておらず、「もっと会いたい」とごねるなど、自分の寂しさや一方的な思いだけを押しつけてしまうことが原因になってしまうこともあると覚えておきましょう。

実は裏目!自己犠牲の心が強すぎる女性は損するタイプ

自分勝手でワガママな女性も、既婚男性から本気の相手として見てもらうことはできませんが、反対に相手に尽くしすぎて言うことを聞きすぎてしまう場合も、彼の本気スイッチをONにすることができない可能性が高いのです。

男性には、本来追われるより追いかけたいと思う気持ちのほうが強いものなので、相手がすべて自分の思い通りになってしまうようだと、物足りなさを感じてしまいます。

女性からすれば、ワガママでもダメ、素直すぎてもダメ、男性って何てワガママなの?!と思ってしまうかもしれません。

しかし、男性はダブル不倫という関係において、ある意味一種の夢を抱いてしまっています。

結婚に対して不満を持っていたり、パートナーに対してガッカリしてしまっていることがあったりと、結婚したことで感じているストレスを、ダブル不倫という関係で発散したいと思っているため、不倫相手に抱く理想は少々高め。

男性の中で“女性とはこうあるべき”という理想像を持っているものを、ダブル不倫の相手に望んでしまうのです。

そんな理想を抱いてはいるものの、その希望リストの中に“何でも言うことを聞いてくれる女性”という項目は、ありません。

ダブル不倫という言葉から匂い立つスリルや、会いたいのに会えないもどかしい感じ…こういったイメージは、ある程度自分の思い通りにならない女性が相手でないと、抱き続けることができませんから、自分の言う通りに動いてしまう女性では、つまらないのです。

このように、「彼の予定にはすべてOKを出す」「スケジュールが厳しくても予定を合わせて彼に会おうとする」といった、好きな相手にであればついしたくなってしまう“無理”が、裏目に出てしまうケースもあります。

自分の時間を犠牲にしたり、できるだけ彼に合わせてあげようと無理をしたりというのは、最初のほうこそ相手の男性にも喜んでもらえるかもしれませんが、結局はそのまま都合のいい女扱いされてしまうリスクが上がっていくだけになってしまうことを忘れないようにしましょう。

ダブル不倫で男性が本気度の高い女性だけに送るlineやメール

伝えずにはいられない!ストレートな愛情表現

砂に書かれたI LOVE YOU

ダブル不倫は、決して家族にバレてはいけないため、LINEのやりとりですら慎重にしなければなりません。

ましてや、中身を見られた際に愛の言葉がずらっと並んでいれば、明らかな浮気の証拠になってしまいますので、できればそういったやりとりはなくしておきたいものです。

それでも、ダブル不倫の相手である女性に本気になってしまった男性は、「愛してる」とか「大好きだ」という愛情のこもった言葉を送らずにはいられません。

不倫相手に対して真面目に接している男性ほど、付き合うまではそういったストレートな愛情表現は避けて過ごします。

これは、女性がこういった言葉を簡単に与えたら警戒してしまうのではないか?と心配しているからです。

相手の女性に対して、真面目な気持ちを抱いているし、遊びのつもりではないと思っているからこそ、ストレートな表現を避けてきた男性が、それでも相手への気持ちを抑えきれなくなってくると、会ったときに直接伝えてくるだけにとどまらず、LINEでもハッキリした愛情表現をしてくるようになります。

特に、女性のほうから言葉を投げかけて、「僕もだよ」という感じで返信がくるというわけではなく、男性のほうから発信してくるという場合には、本気度はかなり高めだと考えていいでしょう。

見られる可能性があるからマズいとか、証拠として残ってしまうことになるからマズいという理性すらどうでも良くなってしまっているほど、相手女性への愛情が溢れ出してしまっているのです。

ちょっとした挨拶でも連絡がとりたくなっている

これからメールを送る

ダブル不倫をスタートさせても、まだ相手との関係と自分の普段との生活の境界線をきちんと維持しようという理性が効いた状態でいる男性は多いものです。

もともと、男性は複数の物事を同時進行させるのが苦手ですし、一度一つのものに集中すると他のことに気を遣うことができなくなります。

不倫相手の女性との時間、家族との時間、仕事をしている時間という風に、それぞれに費やす時間を考慮し、家族との時間やには仕事や不倫相手の女性のことは考えない、仕事のときには不倫相手の女性のことも、家族のことも考えないようにしているものなのです。

これまでは仕事と家族に時間を使っていたわけですから、そこに不倫相手の女性と会う時間を無理矢理ねじ込まなければならなくなります。

そういう表現をすると、無理をさせている印象を与えてしまうかもしれませんが、ものは考えようです。

もともと不倫相手の女性に割く時間がなかったわけですから、逆を言えば“どこにでも入り込める隙間ができる”とも受け取れます。

ダブル不倫している男性は、最初のうちは自分の一日の時間の中で空けられる時間を見つけ、その時間だけを不倫相手の女性に使っているのですが、相手にのめり込むうちに、どんどん相手との時間を増やしたいと思うようになります。

すると、朝起きてからのひととき、通勤中のひととき、昼休みのひととき、寝る前のひとときなど、一日の中でふっと空いた一瞬、一瞬が不倫相手の女性に割く時間に変わってくるのです。

これは決して義務的なものではありません。

男性が不倫相手の女性に対して本気になってきており、彼が「そうしたい」と思っているからそうしているだけなのです。

すると、「おはよう」とか「おやすみ」といった挨拶のLINEだけでなく、「今休憩中だよ」とか、「今日は忙しい?」「もう仕事は終わった?」といった、自分の状況を知らせたり、相手に対して何をしているの?と雑談を投げかけるような連絡が増えるようになります。

相手のことが好きすぎて、ちょっとした時間でも繋がっていたいという、相手の女性への愛情に溢れた、素直な行動なのです。

デートの後のLINEが彼から発信なら本気度は高め?

帰りの車内から連絡

LINEの内容だけではなく、どのタイミングでLINEがくるか?というのも、相手の本気度を探るポイントになります。

基本的に、相手に対して本気になっていない男性は、連絡に関しては受け身であることが多くなってしまうものです。

デートの計画も、女性のほうから「いつ空いてる?」という連絡がきてから、自分の予定の空きをチェックしたり、女性側から「好き?」と聞かれるまでは、自分から「好き」とは言わないなど、女性のアクションに対して無難に受け答えをすることが多くなります。

しかし、一度相手の女性に対して本気になったダブル不倫中の男性は、愛情表現にしても連絡にしても先手を打ってくるようになるのです。

自分が感じたこと、思ったことをすぐにでも好きな人に知らせたいと思う気持ちがあるため、二人で過ごした時間の後には、彼から連絡がくる頻度が高くなります。

「今日は楽しかったよ」「次のデートも楽しみにしているね」など、デートの後に彼から連絡がきている場合は、その分彼が相手の女性に対して本気になっている可能性がかなり高いといっていいでしょう。

デートの後すぐというわけではなくても、翌日くらいに彼から連絡がくるようなら、それは彼にとってかなり本気度高めのダブル不倫になっていると考えられます。

帰りに送ってもらったり、食事をごちそうしてもらったりすると、どうしても女性のほうから帰ってすぐにお礼のLINEを送りたいと思ってしまうものですが、そこはぐっと我慢して彼の本気度を測ってみては?

ダブル不倫の関係なら、帰ってすぐに連絡ができないこともお互いに理解しあえるでしょうし、あなたからすぐに連絡が来ないことで彼が怒る可能性は限りなく低いでしょう。

彼からの連絡がくるかどうか待ってみても、損はないと思いますよ。

好きな人からのLINEの内容はしっかり覚えているもの!後からチェックしてみては?

日記を書く

好きな人に関する情報というのは、人間の脳の構造上、覚えやすいものだと言われています。

そのため、ダブル不倫の関係にある男女が、それぞれ相手に対する情報をしっかり記憶できているかどうかというのは、相手の自分への本気度を調べる有効な方法になるのです。

もちろん、人それぞれ記憶力には違いがあります。

覚えるのが得意な人もいれば、苦手な人もいますし、仕事が忙しくてプライベートのことはおざなりになってしまっているなんて男性も、珍しくはないでしょう。

あれもこれもが苦手な男性に、一から十まで自分に関する情報はすべて記憶してくれていなくちゃダメ!なんて無理難題を押しつけようとする女性もあまりいないことと思います。

それでも、好きな人の情報であれば興味を持って覚えようとするものです。

一度では覚えられなくても、数回教えてあげれば脳にインプットできるのが普通と考えられます。

だからこそ、何度も同じことを伝えても忘れてしまうのであれば、それは相手に対する興味が薄いからという考え方もできるのです。

ましてや、LINEでやりとりした内容について覚えていないという場合には、要注意だといえます。

お互いにバレるかもしれないという一定のリスクを背負いながら連絡をとっているという緊張感が、記憶力を高める手助けをしてくれているので、家族や友達と会話している内容よりも頭に入ってきやすいものなのです。

そのため、LINEでやりとりした内容について、たまに相手に確認してみましょう。

覚えていないようでは、彼は相手の女性に対して大した興味を持っておらず、本気になっていない可能性が大きいでしょう。

反対に、「あー!あの話ね!」とすぐに思い出して会話をリスタートさせてくれるようなら、相手の女性にちゃんと興味を持って、相手に関する情報を集めて覚えておこうという気持ちが働いているので本気度は高いといえます。

不倫相手の彼の本気度を高める秘策。彼から本気の「愛してる」や「離婚して一緒になろう!」を引き出す方法

適度な「好き」、時には冷たくすることも忘れずに

クールな女性

ダブル不倫の相手の男性から与えられる愛情に常に同じレベルで応えようとしないことも大事です。

自分が与えた愛情と同じだけ、もしくはそれ以上の愛情が毎回戻ってきてしまうことを理解すると、男性はあなたに対して面白味を失ってしまいます。

与えた愛情に対して、自分が思っていたよりも少ない、もしくは圧倒的に少ない愛情しか返ってこなかった場合のほうが、男性はやる気になるのです。

もちろん、ここの部分での駆け引きはとても重要で、毎回相手がくれる愛情より少ない分しか返していないと、それはそれで男性がやる気をなくしてしまいます。

「嫌われてはいないようだ。でも彼女は自分のことを好きなんだろうか?どのくらい本気なんだろうか?」と、彼のほうがあなたの気持ちを知りたがるくらい、絶妙な距離感を保ってあげれば良いのです。

相手を完全に振り向かせたいという気持ちが強く働くことで、男性の気持ちはどんどん本気になっていきます。

家庭・家族のイメージはすべて払拭すればキラキラしたイメージが保てる

カッコイイ自立した女性

ダブル不倫の良いところは、お互いに家族の悩みを相談できることでもあります。

子供がどうだ、旦那や奥さんがどうだという相談をしやすい関係だからこそ、何でも打ち明けることができて気持ちが楽になり、お互いに支え合う事もできます。

しかし、それが裏目に出ることもあります。

お互いのイメージに“母親”“父親”というイメージが定着してしまうというものです。

よく、子供ができるまではラブラブだった夫婦も、子供が生まれることでお互いを“男女”ではなく“パパとママ”としか見られなくなって、それまで持っていた恋愛感情のようなものを失い、セックスレスになってしまうという話を耳にすることはありませんか?

ダブル不倫の関係は、それに似たような状況になることがあるのです。

家族の話を気兼ねなく話せる代わりに、相手に対して母性や父性を強く感じてしまい、恋愛対象とはまた少し違う感覚が強くなってしまうことで、長い間ときめきを維持することができなくなってしまいます。

時には相談しあうことも大切ではありますが、できるだけ家族の話は避けるようにし、相手に対して主婦だという印象を消してもらうようにしましょう。

彼に本気になってもらうためには、“奥さん”や“お母さん”というイメージはすべて消し去ること。

“彼だけの女”という印象こそが、彼を本気にさせるために必要なあなたのイメージなのです。

「依存してないよ!」彼が一番大事なそぶりは隠して

海辺で読書

彼より先にあなたのほうが彼に対して本気になってしまった場合、その気持ちを少し隠しておくことが必要になってきます。

男性を本気にさせるには、追いかけてもらうのが一番だからです。

相手の男性にドキドキしてばかり、彼の言うことを何でも聞いてしまって、あなたが彼にベタ惚れであることを彼自身も分かってしまっている…そんな状況から、彼を本気にさせてあなたに夢中にさせるというのはなかなかの至難の業といっても良いくらいでしょう。

気づけば彼のことが誰よりも大切な存在になってしまっていて、誰よりも愛してしまっていたとしても、それを簡単には彼に知られないようにしておきましょう。

彼には、ある程度ツンデレな態度を見せておき、「私はあなたに依存はしない」という強気な態度を見せておきましょう。

彼のほうも、あなた自身が家庭があることは分かっていますし、場合によっては子育てを頑張っていることも分かっていますから、よほどの自信家で無い限り、その態度を見ても「俺のことが一番だろうな」とは思わないはずです。

彼に本気になって追いかけてもらえるようになるには、依存していないことを徹底的にアピールすること。

彼と付き合っていること以外にも楽しみにしていることがあるとか、仕事が順調だとか、彼に「俺以外に楽しみがないのでは?」と思わせることがないようにしましょう。

何かに夢中になっているあなたは、自分だけにつなぎ止めておくことができそうでできない、危なっかしい存在のように感じられれば、彼も追いかけ甲斐がある女性のだと思うようになります。

そうなれば、彼も必死になってあなたを追いかけてくれるようになることでしょう。

彼を本気にさせることはできる!絶妙な距離感を守って!

手をつないで歩く大人のカップル

いかがでしたか?あなたが付き合っている彼の本気度は分かったでしょうか?

最初は本気ではなかった彼でも、だんだんとあなたとのダブル不倫に対して本気にさせていくことは可能です。

あなたの心が完全にシースルー状態になっていない以上、彼はあなたの本心が分からず、自分にできることをあれこれ考えて、あなたを振り向かせようとしたり、あなたの気をもっと引こうと努力を始めてくれます。

あなたの気持ちが完全に相手にバレている状態でなければ、彼はあなたを追いかけるのが楽しくて仕方ない状況へと陥っていくことでしょう。

まずは今現在の彼のあなたへの気持ちがどのような状況にあるのかを知り、彼の心の状況に合わせてあなたが彼に対してどのような態度をとっていくべきか、どういう風に彼の気持ちを自分を追いかける方向へ持って行くかを決めていけば、彼の気持ちをあなたに対して本気にさせていくことはできます。

彼の気持ちを本気にさせて、あなたが彼を想う気持ちと同じくらい、もしくはそれ以上に彼にあなたのことを好きになって、夢中になってもらいましょう。

おすすめの記事