官能的なカップル

不倫関係にある女性がいつも不安に思っているのは、「私は身体だけの存在なんじゃないか?」ということではないでしょうか?

不倫をしている女性であれば、少なくとも一度は、自分が不倫相手という名前の“彼女”なのか、それとも不倫相手という名前の“セフレ”なのかが分からなくなり、大きな不安に襲われたことがあると思います。

実際に、不倫というのは身体の関係に重きを置いていることは否めず、それによって自分がただのセフレとして扱われているという感覚に陥ってしまう女性は少なくないのです。

しかし、既婚男性の中には、不倫相手の女性のことをきちんと“大切な彼女”として扱ってくれる男性もいますし、実は不倫相手とセフレというのは、男性の中では女性以上に分かりやすく線引きされているものなのです。

女性にとっては不倫相手とセフレの違いがいまいち分からなかったとしても、男性はちゃんと分かっているんですよ。

今回は、男性が考えているセフレと不倫相手の違い、そしてそれぞれに男性が見せる態度や言動について紹介します。

これによって、不倫中の女性は自分がちゃんと彼女として扱われているか、ただのセフレとして扱われているのかが分かってしまいます。

もし、「セフレ扱いされていた!」となっても、大丈夫。

セフレから不倫相手へともっと彼に大切にしてもらう方法もまとめて紹介しています。

彼にもっと大切にしてもらうための参考にしていただければ、幸いです。

目次

既婚男性がセフレに見せる態度や言動

「今日これから会える?」誘いは毎回男性側から

連絡をチェックする女性

既婚男性は、セフレとの関係に対してただの性欲処理の相手であるという見かたしかしていないため、相手の都合まで考えるような優しさを見せません。

そのため、「○日は空いてる?○時くらいからなら時間作れるんだけど。」なんて言い方をして、女性側が「その日は○時からなら大丈夫なんだけど…。」とちょっとでも時間をずらした指定をすると、「あー。だったらいいや。またね。」と断ってしまうこともあります。

結局、性欲処理ができればいいという考えなので、相手に自分の時間を合わせる価値がないと考えているのです。

あまりにも女性側の都合を考えてくれない既婚男性になると、突然連絡してきて「今から出てこれる?」と誘ってくることもあります。

当然、反対の立場になれば、「出られるわけないだろう!」と怒り出したり、連絡そのものをスルーするなんていうことも当たり前のようにあります。

自分の都合ばかり押しつけ、女性の都合には一切合わせてくれないなんてことが日常茶飯事であれば、その女性はセフレ扱いされていると考えられるでしょう。

「生理中なの…」会ってくれるか会ってくれないかでセフレか分かる?

拒否

セフレは、不倫相手とは違い、ただの性欲処理の相手であるため、ただセックスができればそれでいいという考えで男性は付き合いを続けています。

そのため、その女性に会えること、顔が見られること、抱きしめられること、キスができること…そういったことは、セフレに対してはどうでもいいと思っている節があります。

言い方を変えれば、「セックスができなければ会う意味がない」と考えているわけです。

そのため、女性側が既婚男性の誘いに対して「今日生理なんだけど。」というと、「だったら、他の日にずらそうか?」と持ちかけてくることもあります。

生理中ではセックスができない=会っても意味がない=セックスができる日にずらそうという思考回路になるのです。

また、会う約束をしていても、急遽生理が早まってしまったり、終わる予定だった生理が長引いてしまったりで、当日に生理の状態で会うことになってしまい、会ってからそれを伝えた際に、あからさまに不機嫌になってしまうなんていう男性もいるようです。

生理痛でお腹が痛いとか、体調が悪いなんて言っても、おかまいなしにオーラルセックスだけでも求めてくる…なんてことがあれば、それはその女性のことをセフレとして扱っている証拠だと考えられます。

セックスだけ?!デートは毎回ホテルか女性の家…

コンクリート打ちっ放しのベッドルーム

セフレとは、セックスができればそれでOK、むしろセックスができないなら、会うのはちょっと…というあからさまな態度をとる既婚男性ですが、この態度は、デートコースにも顕著に表われます。

会うとしても、毎回ホテルに引きこもったり、女性の家に引きこもるなど、見るからに普通のデートをする気はなく、セックスのためだけに会っているのが見え見えというデート内容になるのが特徴です。

一緒に映画を観たり、買ってきたものを食べたり…なんてことくらいはするかもしれませんが、デートとあれば毎回引きこもり、時間が許す限りセックスばかりしている…もしくは、セックスが終わったらそそくさと帰って行くなんていう行動をとっているのであれば、それは相手の女性に対してセフレ以上の感情は持っていないことになります。

セックスした後も、特に大切にされている実感がなく、さっさと背中を向けて寝てしまったり、すぐにシャワーを浴びに行き、着替えてしまったりなど、女性に対しての優しさがかけらも見られないようであれば、身体だけの存在として必要とされているだけ…と考えられるでしょう。

既婚男性が不倫相手に見せる態度や言動

身体だけでなく自分の心も満たしてくれる存在と認識している

キスするカップル

不倫相手というのは、もちろん既婚男性にとって正式なパートナーではありません。

しかし、時に、不倫相手の存在というのは、既婚男性にとって奥さん以上に大切で、切り離すことができない存在になることがあります。

当然、セフレとも扱いはまったく別のものとなります。

既婚男性は、セフレという存在に対しては性欲の解消のみを求めるものですが、不倫相手に対しては、身体だけでなく心の繋がりも同時に求めます。

自分を癒やしてくれる存在であったり、そばにいると落ち着く、素のままの自分・ありのままの自分を見せることができ、自分を演じる必要がない居場所になってくれるなど、不倫相手に既婚男性が求めるものは目に見えないものの中にも多く存在しているのです。

もちろん、不倫相手にも身体の関係は求めますし、それナシ…というわけにはいかないでしょう。

しかし、それ以上に、心の繋がりに対しても強いこだわりを持っているため、自然と不倫相手にもそれが伝わるものなのです。

誰か他の男性に奪われてしまうのが嫌だとヤキモチを妬いたり、いつもどこで何をしているのか気にしてくれているようであれば、それはもう、その女性はセフレではなく不倫相手という名の“彼女”として扱われていることになります。

「喜ぶ顔が見たいから」それなりにお金を使ってくれる

$の札束

セフレに対しては、ホテル代くらいで他にできるだけお金は使わないという既婚男性も、不倫相手に対しては違います。

なぜなら、セフレはセックスだけして性欲を満たしてくれるなら、それで満足であり、相手の女性が喜ぶ顔が見たいなど、あまり思っていないのに対して、不倫相手は既婚男性の中でも不倫とはいえちゃんとした彼女、愛する人として扱っているため、喜ぶ顔が見たいのです。

誕生日やクリスマスなどのイベントごと、付き合った記念日などにはプレゼントをくれたり、オシャレなお店でのランチやディナーに誘ってくれたりと、不倫相手の女性を楽しませよう、喜ばせようとするために、お金を使うことがあります。

欲しいものを聞き出してきたり、誕生日を聞いてきたりして、それをちゃんと覚えていてくれるようであれば、既婚男性にとってその女性はセフレではなく、不倫相手という存在になっています。

セックスだけじゃないデートもしてくれる

ディナーデート

不倫相手とは、セックスだけではないデートを楽しみたいと既婚男性は考えています。

そのため、例え会える頻度が少なかったとしても、映画を観に行ったり、遊園地に行ったり、冬にはイルミネーション、夏には海へ出かけたりと、様々なデートを楽しもうとしてくれます。

もちろん、愛する人と身体を重ねたいと思うのは男性として当たり前のことなので、デートの最後にはホテルに誘われることもあるかもしれません。

しかし、セフレとのデートは、デートとは名ばかりのホテルへの引きこもり、女性宅への引きこもりばかりというのと比べれば、圧倒的に扱いに差が出ていることがおわかりいただけると思います。

例え、遠くまで出かけなければならないとか、行き先も時間もかなり限られているなど、制限のついたデートだったとしても、愛する彼女と手を繋いで歩きたい、どこかへ二人で出かけて、普通のカップルとしてデートを楽しみたい…既婚男性も、不倫相手の女性に対しては、そういった感情を強く抱くものなのです。

「何してる?」会えないときにも連絡をしてくれる

電話をかける男性

既婚男性が、相手の女性に対して不倫相手という認識を持っているのであれば、連絡してくるときの内容は会うときの予定確認だけではありません。

「今日は何しているの?」とか、「早く会いたいな。」など、近況を知りたがる連絡や、自分の相手の女性への気持ちを伝える内容の連絡をしてくるものなのです。

セフレに対しては、“自分がセックスしたいと思ったときに”だけ連絡してくるので、それと比較すると態度に大きな違いがあることが分かることでしょう。

身体の繋がりだけでない、純粋な愛情を持って接しているため、会えない時間がもどかしく感じたり、早く会いたいという感情が強く込みあげることがあるのは、相手のことを大切に思っているからこそだといえるでしょう。

そんな感情を素直に相手に伝えることができるのも、不倫相手の女性の存在が、既婚男性が心を許し、ありのままの自分を見せられる存在だからなのです。

この点でも、既婚男性の態度にはセフレと不倫相手で大きな差が見られるのです。

デートの行き先は一緒に決めようとする姿勢が見られる

デート中のカップル

セフレとのデートでは、大して行き先を考える必要もありませんし、万が一ホテル以外のところに出かけるとなっても、一緒にデートコースを練ろうなんていう風には思わないのが既婚男性です。

しかし、不倫相手の女性に対しては違います。

デートに行くとなれば、彼女にも楽しんでもらいたいという気持ちが強いのですが、それと同時に自らも思いきりデートを楽しみたい!と思う気持ちも強く持っているのです。

そのため、デートコースに関しては、不倫相手の女性の意見を聞きつつ、自らもアイデアを出し、特別なデートの日のプランを“2人で”計画しようとします。

相手の女性の行きたいところを聞き出し、自分の行きたいところと照らしあわせ、どのルートが効率が良いかなどを考えるなど、一生懸命プランニングに取り組んでくれるのです。

もし、既婚男性がデートの予定を立ててくれた際に、一緒に計画に参加してくれたり、自分の行きたい場所を伝えてくれたり、女性の意見を求めてくれたりするのであれば、それは彼が相手の女性に対してセフレではない、ちゃんとした彼女としての感情を抱いていることに他なりません。

好きな人とのデートは、既婚男性にとっても非常に楽しみな一日であり、幸せな時間だという気持ちがあるからです。

そんな計画から2人で行うデートが月に1回とか、2ヶ月に1回などのペースで実行されているのであれば、その不倫相手の女性に対して、既婚男性はかなり本気になっていると考えていいでしょう。

既婚男性がセフレにする連絡の手段と頻度

基本はLINEで簡単に済ませる

スマホを見つめる女性

既婚男性にとって、LINEというのは一種の連絡用のツールであって、コミュニケーションをとるためのツールという認識が女性と比べると弱いところがあります。

これは、結婚している男性ならではといっても良いところがあります。

奥さんとの連絡自体が、冷めきったものになっていて、LINEで連絡を取る際にも、事務的にやりとりをするだけ…なんてことばかりになっていることも理由のひとつなのです。

男性はもともと、女性のようにスタンプを駆使したり、可愛い絵文字を頻繁に入れたりなどして、やりとりに力を入れることはなく、友達同士だとしても、簡単な絵文字程度で済ませてしまったり、文章だけ適当に打ち込んでそれで終わりなど、そこまでLINEに重点を置いていないものなのです。

ある意味では非常に手軽に使える業務連絡用ツールのようなものになるわけですが、セフレに対してもまったく同じ使い方をする既婚男性は多いといいます。

会える日の確認…といっても、自分が空いている日を一方的に伝え、予定が合わないとふてくされて、「じゃあいいや」と冷たくLINEのやりとりを終了させるなんてこともあります。

電話番号を伝えなくても、IDだけ教えれば連絡先を交換できるという手軽さも、切りたいときに切れるセフレとの連絡用としてはピッタリなのかもしれません。

面倒くさくなれば、さっさとブロックして連絡がとれないようにしてしまえば良いだけなので、セフレとして付き合っているときも、別れるときも、すべてにおいてLINEが便利なのです。

やりとりとしては、基本はトークでの連絡になりますが、既婚男性に時間がないときや、言葉で説明したほうが楽だと考えたときだけは、LINEを使った通話を行うこともあります。

「この日空いてる?」会話は2~3回で終わってしまう内容

不満げにスマホを眺める

「○日空いてる?」「空いてるよ。」「じゃあ○時に○○で。」…既婚男性がセフレに連絡を入れるときには、基本的にこんな内容になります。

あれこれと余計な雑談は交わさず、会う日にちと時間と場所をサッと決めて、それで当日までスルーという流れがベースになっています。

当然、ここで女性側が何か他の話をすれば、返信はくれるでしょうが、本音では「もう会う日にち決まったし、話すのはその日で良くない?」なんて思っていることもあります。

そのため、延々とLINEのやりとりを繰り返すなんてことはほとんどありません。

もしあるとしたら、それは新しいセックスのプレイに挑戦したいものがあるなど、自分の欲望を満たすためのことで連絡をとるくらいでしょう。

セフレとは、あまり深く入り込んだ話はしないというのが、既婚男性のセフレへの連絡頻度の特徴ともいえます。

必要最低限の情報だけをやりとりし、あとは特に連絡は自分からすることはなく、女性側から連絡がきたとしても、それに対してはドライに返信するか既読スルー。

次に会ったときに、既読スルーのことを責めたとしても適当にはぐらかされてしまうのです。

アフターフォローは一切なし!次に会う約束もなし!

スマホ&コーヒー

会いたいときに連絡をしてきて、いざ実際に会ったとしても、次の約束をきちんと決めていかないというのが、既婚男性のセフレへの態度の特徴です。

ホテルか女性の部屋で過ごすだけのデート…と呼べるのかどうかも危ういですが…になりますが、その後のフォローの連絡というのも、既婚男性はセフレ相手にはしないことがほとんどです。

「今日は楽しかったよ」とか、「ちゃんと帰れた?」など、相手を気遣うLINEも一切送ることはありません。

自分の欲望は満たされ、スッキリしている状態なので、セフレである女性のことはもう既にどうでもよくなってしまっているのです。

そのうち、また「セックスがしたいな」と思ったときに連絡を入れてくるそのときまで、既婚男性のほうから連絡を入れてくるということはほぼほぼないでしょう。

既婚男性が不倫相手にする連絡の手段と頻度

心配だから…できることならいつでも繋がっていたい

見つめ合う二人

既婚男性は、不倫相手の女性に対して、「他の誰かにとられてしまわないか?」「自分と会えないときには、彼女はどこで何をしてるんだろう?」と不安を抱いて過ごしています。

好きすぎて、誰かに奪われてしまうことが怖いと感じていたり、不倫相手の女性のことが好きだからこそ、常に彼女の状況を把握しておきたいと思っているのです。

既婚者であるという立場から四六時中彼女と連絡をとっているわけにもいかないのですが、朝出勤するのに家を出た瞬間から、夜自宅に帰るまでの間など、彼女と連絡がとれる間はずっとつながっていたいと思っています。

LINEでも電話でも、メールでも、不倫相手の女性と連絡をとれていることが、既婚男性を安心させてくれるので、「できることならいつでも連絡がとれる状態にしておきたい」と思っているのです。

この感情は、決してセフレには抱かないものであり、誰かにとられるのが不安になるくらい、大切な存在だからこそ、できるだけ連絡の頻度をあげようとするのだとも言えます。

彼から何でもないときに何でもない内容でよくLINEがくるとか、朝の「おはよう」の挨拶は欠かさないなど、ちょっとしたことでも連絡をくれるようであれば、セフレではなく不倫相手として見てもらえていると考えられるでしょう。

デートの後には必ずフォローの連絡を欠かさない

壁の前で電話する女の子

既婚男性が、不倫相手のことを大好きで、大切に思っていた場合、デートが終わり、「じゃあ、また…」と別れた直後から、恋しくなっているといっても過言ではありません。

もっと一緒にいたかった、彼女を帰したくなかった、自分も帰りたくなかった…。

そんなモヤモヤした寂しい気持ちが心の中に立ちこめている状態だといえるでしょう。

別れてすぐ、相手のことを恋しく思う気持ちが強くなるというのは、不倫相手の女性側からしても理解できることではないでしょうか?彼女に対して、会いたい気持ちが募るのと、既婚男性に対して会いたい気持ちが募るのは、お互いに同じくらい、持っている感情だと思います。

この感情が、デートの後の彼からの連絡をして表われるのです。

当日の別れた時間が早ければ、帰りの道中で連絡をくれることもありますが、既婚男性であるが故にその日のうちは連絡ができず、翌朝などになってから連絡がくるなどといった場合もあります。

どちらにしろ、当日が翌日には「昨日は楽しかったね」とか、「今度はどこに行こうか?」など、感想を告げたり、次のデートにも行こうと考えていることを示唆するようなLINE・メールを送ってくれます。

これは、確かに相手の女性のことを思いやっての行動ではありますが、自分の不倫相手の女性のことを本当に好きという素直な感情から生まれている行動でもあるのです。

たまには声が聞きたい…電話をかけることも多い

通話中の男性

好きな人の声なら、ふっとした瞬間に聞きたくなることはあるでしょう。

既婚男性も、不倫相手の女性に対しては、ふっと声が聞きたくなるときがあるのです。

そんなとき、普段の連絡ツールとして使っているLINEやメールではなく、直接電話をかけることがあります。

もちろん、そんなときは「ただ声が聞きたくなったから…」と素直に伝えるかもしれませんし、照れ隠しで何かしらの用事を無理矢理見つけて、連絡してくる可能性もあります。

どちらにしろ、なんとも思っていない相手の声を聞きたいとは思いません。

セフレの声を聞くために、時間を見つけて連絡してくるというのは、よほど時間が余っているような男性でなければしないでしょう。

本当に大好きな人だから、本当に愛する人の声だから、ふとした瞬間に無性に聴きたくなってしまうのです。

既婚男性から、特にこれといって用事がないにも関わらず、電話がかかってくることがあれば、それは彼が相手の女性のことをちゃんと“彼女”としてみている証拠と考えていいでしょう。

好きな人、愛しい人、愛する人…自分にとって大切な人だからこそ、無意識に声を聴きたいと思ってしまう彼の気持ちをしっかりくみ取って、愛されていることに自信を持ってくださいね。

セフレから不倫相手へ。既婚男性が不倫相手に求めるものとは?

スリルと刺激の先にある毛布のような安心感

ホットチョコレートとブランケット

不倫は、スリルと刺激に満ち溢れています。

しかし、不倫だけでなく、セフレとのセックスだって、既婚男性からしたら浮気の一つに入るわけですから、スリルや刺激を感じられることでしょう。

また、セフレだからこそ、普段誰にも言えないプレイをお願いしたり、これまで試したことがないことをやってみるなど、セックスの面に置いては新鮮さを感じられる機会もあると思います。

それでもなぜ、不倫相手とセフレの間にここまでの差が出てしまうのか?というと、実際に既婚男性は、スリルや刺激を求めると同時に、その先にある安心感や安堵感、癒やしを求めているからなのです。

一見、ドキドキ感や背徳感にまみれた関係のように見えるかもしれませんが、そもそもをいえば、そんな関係に既婚男性が足を踏み入れたのは、自分が落ち着ける場所、癒やされる場所が欲しかったからに他なりません。

奥さんとの関係が良好な男性はセフレを求め、奥さんとの関係があまりうまくいっていない男性は、不倫相手を求めるといってもいいでしょう。

安定を既に手に入れている既婚男性は、刺激やスリルだけがあればいいわけですから、セックスでうまく欲を解消してくれて、ドキドキ感や新鮮味を味わうことができるセフレという存在だけで十分なのです。

しかし、毛布のようなぬくぬくとした安心できる場所を持っていない、そんな既婚男性は、不倫相手の女性に対して、スリルや刺激だけでなく、その向こう側にさらに安心感や癒やしを求めることになります。

どんなにドキドキ感が欲しい、スリルを味わいたいと言っている男性がいたとしても、結局その先には安定や癒やし、安心という温かい毛布が必要だということなのです。

慣れてしまわない、ずっと新鮮さを保ち続けられる関係

幸せそうな女性

初めて相手のことを好きになったときのことを思い出してみてください。

最初のうちは、相手の顔を見たり、声を聴いたりしただけで、胸がドキドキして、キュンキュンしていたのではないでしょうか?

少し付き合いが長くなって、そのキュンキュンした感じがなくなってしまったり、何となく異性としてときめかなくなってしまったことで、関係が変化していくこともあると思います。

それは、不倫という、最強のドキドキというスパイスが加わった恋愛でも同じことです。

相手に対してドキドキすることがたくさんあり、毎回違う表情や知らなかった一面を知ることができるというのは、相手に対して飽きることを感じさせないためにも、常にドキドキ感を味わってもらい、関係を長続きさせるためにも必要なことです。

しかし、慣れが生じてくると、相手に対してキュンとする頻度がだんだんと減ってきてしまうのも、仕方のないことでもあります。

相手に慣れてしまってドキドキしなくなってしまい、結果的には、自分もオシャレに気を遣わなくなったり、慣れが生じて女性としての魅力を忘れてしまっている状態になっていませんか?

不倫をしている男性というのは、常にドキドキやスリルを味わっていたいと思っているものです。

奥さんとの関係がうまくいかず不倫を始めたという男性も、結局は奥さんに異性としての魅力を感じなくなったことが原因という場合もかなり多いのです。

身体の相性が良ければ、男性側もそれを大切だと思っています。

そのため、オシャレに手抜きをした不倫関係にある女性に対して、不倫相手の“彼女”という考え方をなくしたとすれば、今度はセフレとして付き合っていこうという風に考えを変えてしまうのです。

身体の相性が良ければ、オシャレしていなくても、セフレとのデートは基本的に室内ですから、大して問題はありませんから、そこまで多くを求めてこなくもなるでしょう。

そのため、不倫相手として、常に彼に魅力的な女性であるという印象を強く残していくことが必要になります。

不倫相手の女性として、常に魅力ある女性としてのお手入れ、身だしなみの意識を忘れることなく、彼にずっと女性らしくあることを見続けていて欲しい…少しでもそう思うのであれば、彼との関係に慣れることなく、いつでもドキドキさせられる女性を目指すようにしましょう。

普通の彼女として扱われたい、一緒にデートがしたいと思うのであれば、自分磨きを決して怠らないことです。

同じ考え、同じタイミング…考えが合う相手

くつろぐカップル

既婚男性は、自分と同じ、もしくは近い感覚を抱いている女性に心惹かれる傾向があります。

理由は単純明快で、自分と似ている相手であれば、一緒にいて楽だから…です。

不倫中の女性をガッカリさせてしまうかもしれませんが、世の既婚男性が不倫を始める際には、「妻と離婚したいから不倫しよう」なんて考えで始めているわけではありません。

最初は、離婚するつもりはないけど、ちょっと火遊びがしたい…くらいの感覚で、不倫を始めるものなのです。

つまり、不倫相手と一緒になるという気はさらさらないわけです。

しかし、ずっとそのままというわけではありません。

不倫相手の女性に対して、のめり込んでいき、好きになればなるほど、奥さんと離婚したいと思う気持ちが強くなっていくこともあるでしょう。

それが、子供がいると思うように動けないことなどもありますが、彼の気持ちを「離婚したい!然るべきときがくれば必ずこの女性と一緒になろう!」と思わせることは十分に可能です。

ただし、そこまでの気持ちにさせるには、感覚が同じであったり、タイミングが同じであるなど、一緒にいて自分のペースを狂わせない存在であることが必要不可欠になります。

奥さんと離婚したいとまで考える既婚男性は、自分のペースを乱すような女性とは居心地の良さを感じることはできませんし、一緒にいて疲れてしまうことを十分に理解しています。

そんな感覚がないからこそ、不倫相手の女性とずっと一緒にいたいと思っているわけです。

同じ考えを持っていて、何かする際にもふっとタイミングが合う、どこか似ているようで似ていない…そんなちょっとした違いを見つけながら、感覚が似ていることに安堵感を得る関係というのは、既婚男性が不倫相手の女性に最も強く求めるもののひとつだと言えます。

身体の相性が抜群なら文句なし!最強の不倫相手になる

上半身裸で抱き合うカップル

不倫相手の女性に対して、いくら他のことが良くても、やはり身体の相性を求めないわけにはいきません。

どんなに癒やされて、感覚が合うことが分かっていても、実際にセックスの相性が良くなければ、そこまで大切な存在にならないということも十分ありえます。

既婚男性にとって、愛する人とするセックスというのは、とても幸せなものです。

しかし、いくら幸せでも、やはりちゃんと快感を得られなければ満足することはできませんので、他の何がよくても相性が悪いことで気持ちが冷めてしまうなんてことも、ないとは言い切れません。

反対に、セフレであれば、チャンスはいくらでもあります。

そもそも、長いことセフレ関係を続けてきたのであれば、既婚男性はその女性とのセックスの相性に不満を抱いていないことになるのです。

むしろ、相性の良さに満足していると考えてもいいくらいでしょう。

既婚男性の心に寄り添って、癒やしとなり、安心感を与えられる存在になろうというのは、既婚男性のことが好きで、彼のために何かしてあげられたら…と思っているのであれば、努力次第で何とかできるところです。

しかしその反面で、身体の相性に関しては、後付けで何とかすることというのはまずできません。

良くしようと思ってできるものではないからです。

そのため、セフレは本命ともいえる不倫相手になれた場合、最強の不倫相手という名の彼女になることができるのです。

もちろん、中には彼のことを好きではあるけれども、“セフレ”として認識しており、お互いに相手のことをセフレと割り切って付き合っている…なんてケースもあります。

そんな場合は、今のセフレの状態のまま、関係を継続していけばいいでしょう。

無理矢理、彼の不倫相手という名の彼女になろうとする必要はありません。

自分たちにとって、どの関係が一番ベストなのか、お互いに認識できているはずです。

セフレは、考え方と行動一つで最強の彼女になることができるということだけ、しっかり覚えておけば、つい相手にのめり込みすぎたときに、自分の立場を格上げさせることができるようになります。

割り切っているならセフレが楽!でも本当は不倫相手になりたいのも本音

ブルーのワンピースの女性

 

セフレは、どちらかといえば、男性からの扱いが雑で、お世辞を言っても大切に扱われている、大切に可愛がられている…なんてことはないのが現実。

その反面で、不倫相手というのは、不倫という関係であり、ある程度枠の中から飛び出てはいけない関係でもあります。

それでも既婚男性は、不倫相手の女性がなかなか寂しい思いをしているのではないか?など気にかけて、次から次へと彼女のために何かしようとしてあげます。

実際、付き合い方で楽なのは、セフレのほうなのは事実です。

妙に気を遣うこともなく、ずっと喋り続けなければいけないわけでもなく、自由奔放にただSEXだけを楽しむために行ってきたようなもです。

男性があれこれ多くを求めてくることもありませんから、ただセックスだけしていれば良いという考えに至ります。

しかし、本当に身体だけが目的であるセフレという関係は、虚しさを覚える機会もその分多くなってしまいます。

ふとした瞬間に、もっと彼に大切にされたいと思ったのであれば、セフレという関係を解消して、不倫相手になれるように努力を始めるといいでしょう。

セフレと不倫相手には男性の中ではしっかりきめ細かい線引きがされ、その線引きの内容によって既婚男性は相手の女性をセフレとして扱うか、不倫相手の彼女として扱うかを決めているものなのです。

今の関係に満足できないなら、ぜひセフレ関係から不倫相手になることができるよう、彼のそばで本当に愛される女性に生まれ変わっていってください。

おすすめの記事