スマホをいじる男性

好きな人とは毎日会いたいし、それが叶わないならせめて毎日電話やメール、LINEなどの連絡手段で繋がっていたい。

そう思う気持ちは、恋をしている女性なら当たり前のように持っている感情ではないでしょうか?

だからこそ、連絡をくれない男性に対して「脈なしなのでは?」とか、「嫌われているかも。」と感じてしまうのも仕方の無いことだと思います。

けれど、実際、連絡をしてこない男性の中には、相手のことを好きだからこそ、相手のことを想う気持ちが強いからこそ連絡をまったくしなかったり、連絡を控えるなんていうことがあるのです。

特に、相手の男性が既婚であった場合には、一層そうなる可能性が高いといえます。

女性からしたら「理解できない!」と思ってしまうかもしれませんが、今回はそんな男性の心理、実は心の奥底ではどう思っているのかを知る方法について紹介します。

一見、彼の態度では脈なしだと感じられても、隠された彼の本音が見えれば、安心してアプローチをかけたり、関係を継続していくことができます。

目次

既婚男性の好きだからこそ連絡しないという男性心理

「誰にも知られたくない!」リスク回避のため念には念を入れ連絡をしない

厳重に縛られたスマホ

自身の立場をちゃんと理解できている既婚男性は、「いいな」と思う女性がいても、なかなか自分からアプローチにいかなかったり、いざ不倫関係になったとしても、あまり連絡をとらなかったりすることがあります。

しかしこういった既婚男性の態度だけでは、相手の女性に対して魅力を感じていないとか、適当な関係として付き合っているからと決めつけることはできません。

というのも、自分が既婚者だからこそ、軽率な行動をとって自分の気持ちや自分たちの関係が周囲に知られてしまうようなことがあってはいけないと強く感じているため、連絡をとらないようにしているだけだからです。

むしろ、相手への気持ちが強く、相手の女性のことを真剣に想っているからこそ慎重になってしまうと言ってもいいでしょう。

まだ不倫関係になっていなかったとしても、自分の奥さんや会社の同僚などに「好きな人がいるんじゃないの?」と勘付かれてしまえば、それから先の行動へと踏み出しにくくなりますし、いざ無理矢理に一歩踏み出したとしても、関係がスタートした時点から周囲に疑われた状態で始まるわけですから、バレてしまうリスクがかなり高くなります。

そういった厄介事をなくすために、自身も、相手の女性も安心して二人の関係を築いていくことができるように、できるだけリスクになりがちなポイントを排除すること…という考えに至るわけです。

このタイプの男性は、本来であれば好きなときにメールやLINEをして、声が聴きたいと思ったら電話をかけて…とできることを夢見ている場合もあるので、ふっと環境が変わることで、連絡頻度がぐっとあがる可能性は十分にあります。

「好かれているかどうかが知りたい!」女性からの連絡を待っている

仕事中に携帯を見る男性

連絡をしないのは、“連絡が欲しいから”という既婚男性もいます。

相手が連絡をくれる頻度がどれくらいかによって、それを“=自分が愛されている度合い”と考えている人がいるのではないでしょうか?

連絡をたくさんくれる、毎日必ず連絡をくれる…それは自分が愛されているからで、連絡がなくなってしまうと、自分はあまり愛されていない、相手からの愛情がなくなってしまったと悲しむという感情はよく理解できます。

相手の男性が連絡をくれないことで不安になっているということは、少なくとも、そう考えている気持ちがあるのだと思いますが、男性も同じように考えている可能性があります。

相手が既婚男性である以上、独身女性からすれば、自分から好き勝手に連絡するわけにはいかないと想っているのかもしれません。

家で過ごしている時間に、女性から連絡がくることを好ましく思わない男性もいますし、例え不倫相手からではなかったとしても、女性から連絡がきたことで奥さんに疑われたり怒られたりすることもあるかもしれないということを考慮して、女性は連絡をしないのでしょう。

基本的には、男性だって不倫の恋がバレてしまうことを避けたいと思うものですから、相手の女性から連絡をもらうのではなく、自分から連絡をとるようなスタイルを選ぶことが多いといいます。

しかし、既婚男性の中には、自分の立場をちゃんと理解していないか、もしくは理解しているけれど、相手の女性への気持ちを抑えることができないなどといった理由で、相手の女性から連絡を待ってしまう人もいるのです。

恋をすると、つい視界が狭くなってしまって周囲へ注意を払う気持ちが薄くなってしまいがちです。

既婚男性のほうが、バレる要素はたくさん持っているわけですし、バレたときに問題になる要素を多く含んでいるわけですから、気をつけて欲しいところですが、相手の女性のことを好きになりすぎた彼は、つい「自分が愛されているかどうか」を知る、測るという目的で、自分からは一切連絡せず、女性のほうから連絡をしてきてくれることを待ってしまうのです。

「離れていると寂しい?」相手の女性を困らせたい気持ち

落ち葉の中の女性

女性に少し寂しい思いをさせたい…なんて考えているちょっぴりSな既婚男性もいます。

会いたいときに簡単に会うことができない不倫の関係なので、普段から相手の女性としては寂しい思いをしている機会が多いのですが、こういったタイプの男性は、「自分が相手の女性を意図的に」寂しいと感じさせたいと思ってしまうようです。

あえて連絡をしないことで、「最近連絡が来ない」「寂しい」「会いたい」と相手の女性が自分への愛情を募らせてくれるのを待っているわけです。

寂しくさせて、相手の女性が自分にすがりついてきてくれるのを待っているといってもいいでしょう。

男性は、追われるより追う生き物…確かにそのとおりなのですが、だからといって、まったく追いかけられないことにも耐えられないのです。

ちょっとワガママに感じられてしまうかもしれませんが、これは、既婚男性が相手の女性のことを好きだからこその行動であって、この行動をとるときには既婚男性はとても不安を感じているといえます。

不安の原因が何であるかはカップルによって様々ではありますが、他の男性の影を感じて不安になっている、あなたの本当の気持ちが分からなくて不安になっているなど、何かあなたの愛情を確かめたいと思っており、心にゆとりがない状態になっています。

自分がちゃんと好かれているのか、相手の女性が自分のことをどう思っているのかが知りたくて、相手の女性を試してしまっているのですね。

このタイプの既婚男性は、不安を与えないように常にあなたが分かりやすい愛情を注いであげていると、連絡の頻度が下がることはありません。

恋愛だけに依存しない!気持ちはあるけどお互いのライフスタイルを尊重したい

車の窓からのぞく脚

相手の女性に対して、ちゃんと愛情を持っていたとしても、お互いのライフスタイルを尊重したいと考えている男性は、いつでも常に連絡をとっていたいとは思わないものです。

とはいえ、決して、一人になりたい、必要以上に踏み込まないで欲しいと思っているわけではありません。

好きな女性から連絡をもらうことは嬉しいですし、メールやLINEで何でもないやりとりをすることも、特に嫌だと感じているわけではないのです。

それでも、一度連絡が途絶えれば、「たまにはお互いに相手の存在を感じない生活を送ったほうがいい」と考え、あえて彼女と連絡をとろうとせず、一人の時間を作ろうとします。

これは、自分のためというよりは、相手の女性への配慮という面のほうが大きいでしょう。

彼氏に依存しすぎず、自分自身を大切にした、自分中心の毎日を送ることが基本なんだよ…と教えてあげようとしていると言えます。

普段、不倫という窮屈な関係に縛り付けてしまっているという事実に苦悩している既婚男性であればあるほど、相手の女性への申し訳ないと思う気持ちや、苦悩の気持ちも相まって、自分から連絡をしない時期を作るようになることがあるのです。

脈あり?既婚男性の具体的な行動・言動から分かるあなたへの思い

連絡の頻度だけで愛情を測ろうとは思わないこと

いっぱいのハート

男性の中には、様々な理由で自分からは連絡しないという人がいることもおわかりいただけたと思います。

嫌いだから連絡しない、好きだから連絡をする、連絡がたくさんくるから愛されているという考えは、すべての男性に当てはまるわけではないのです。

特に、既婚男性であれば自分の立場やライフスタイル上、頻繁に連絡ができないという場合もありますので、連絡の頻度で既婚男性の愛情の深さを測ろうとするのは間違っているといってもいいでしょう。あ

つまり、連絡がないからといって自分が好かれていない、脈なしだと諦める必要はないのです。

連絡の頻度というのも、確かに彼の愛情を測るポイントのひとつにはなりますが、頻度のみで愛情を考えてしまうのはNGと考えましょう。

それ以外の彼からの愛情を測ることができるポイントはたくさんあります。

それぞれを組み合わせて総合的に考えたほうが、彼の本当の気持ちが分かるのです。

好きだから?もともとの性格?接するときの距離が近いのは?!

寄り添うカップル

会話をする際の距離で、彼のあなたへの想いを測ることができます。

相手に対して好意を抱いていたり親近感を抱いていれば、自然と距離は狭くなります。

人にはパーソナルスペースというものがあり、誰でもある程度“これ以上は他人に近づかれたくない”と考えている見えないラインがあるものです。

これは、男女問わず持っているもので、相手との関係によってそのラインが自分から遠くなったり、近くなったりと変わるものだと考えられます。

彼があなたと会話をするときの距離はどのくらいか、様子を見てみましょう。

あなたのほうが「ちょっと近いんじゃない?大丈夫?」とそわそわしてしまうほど、近いのであれば、彼はあなたに興味を持っている、もしくは親近感を感じている、または好意を持っているなど、プラスの感情を抱いているといえます。

反対に、あなたが一歩近づけば相手が自然と一歩引く…なんていう状態では、まだまだ彼はあなたのことを警戒しているか、もしくは好意を持っていないと考えられるでしょう。

ただ、元来人との距離が近いという人も一定数存在します。

彼が誰とでも同じような距離で接しているか、もしくは自分や仲の良い友達と接するときだけ距離が近いのかというのをしっかり見極めれば、彼の距離の保ち方が相手への感情で左右されているか、誰にでもそうだという性格なのかの線引きをすることができるでしょう。

むしろ気まずい!頻繁に褒めてくる彼の本音は?

照れる女性

「髪切ったの?可愛いね。」「そういう服、似合うよね。」「メイク変えた?すごく綺麗になった。」など、聞いていてついこちらのほうが照れくさくなってしまうような褒め言葉を自然と連発する男性がいます。

女性慣れしていると捉えられてしまうこともありますが、実際に相手に対して好意を持っていなければ、または本気でそう思っていなければ、そういった発言をすることはありません。

ただ、外見ばかり褒めている男性というのは、相手の女性に対して好意はあるものの、下心が大きい可能性があります。

既婚男性の本気度、脈アリ度を知りたいなら、“何を褒めているか”に注目することをおすすめします。

あなたの見た目だけではなくて、内面について褒めてくれることが多いようであれば、彼はあなたのことを心から愛しているといえるでしょう。

身体目当てではなく、ちゃんと一人の大切な女性として見ていると考えられます。

「仕事を頑張っているよね。無理しすぎないでね。」「そういう気遣いができるところがいいところだよ。」など、外見ではなくあなたの人格、性格そのものを褒めてくれるような男性は、相手の女性との関係を真剣に考えているのです。

“目が合うも“目で追われてる”ほうが彼に好かれてる?

見つめる目

好きな人と目が合う回数が多いとつい嬉しくなってしまいますよね。

「また目が合った!」「目が合う頻度が高いということは、彼もいつも私を見てくれているんだ!」と心が躍るような感覚を覚えることもあると思います。

確かに、目が合う頻度が高いということは、相手の男性もあなたのことを視界に入れ、見つめている回数が多いということになりますから、それだけでも好意を持たれていると考えて、間違いではないでしょう。

嫌いな人は視界にも入れたくないですからね。

しかし、それ以上に彼の本気度を測るのであれば、彼と目が合う回数より、“視線を感じる”ことに重きを置いてみるといいかもしれません。

男性は、追う生き物ですから、好きな相手、気になる相手というのは、通りすがるときにもちらっと見てしまったり、自分が歩きながらでも視界に入ればそのまましばらく目で追ってしまうなど、常に“どこにいるか”“何をしているか”をチェックしたいと無意識に思ってしまうものなのです。

好きな人をいつでも視界に入れておきたい、いつでも見つめておきたいという気持ちは、好きな人がいる女性なら理解できる感情ではないでしょうか?

男性もそれと同じで、好きな相手をつい目で追ってしまうのです。

そのため、目が合うだけではなく、常に彼からの視線を感じられるというのであれば、好意を持たれているのはほぼ確実だといっていいでしょう。

スケジュールはカツカツ!でも…相手の女性のためなら時間を作る!

忙しい人

既婚男性は忙しい毎日を送っています。

仕事に家庭に自分の趣味の時間など、24時間では足りないくらい、せわしなく毎日を過ごしている男性も少なくありません。

そのため、いくら自分に好きな人ができたとしても思うように彼女に充てることができる時間をとれず、結果的に恋愛関係になることを諦めて手を引いてしまうなんてこともあるようです。

それでも気持ちを抑えることができない既婚男性は、相手の女性との時間を必死に作ろうとします。

どんなにスケジュールがカツカツでも、あなたとの時間をとれそうな時間を見つけ、ほんの少しだったとしても会える時間、一緒に食事に行ける時間、一緒に過ごすことができる時間を作ろうとするのです。

反対に、あなたと過ごす時間を作ることができないと端から諦めているような男性は、脈なしだと思っていいでしょう。

大切な人と過ごす時間はどんな苦労を重ねても作りたいと思えるもの。

ギュウギュウに詰まったスケジュールや、普段と少しでも違う行動をとれば下手したら疑われてしまうという立場の中、あなたのために時間をとってくれようとする彼の気持ちは本物です。

信じてあげていいと思いますよ。

脈なし?既婚男性が知らず知らずのうちに見せている脈なしサイン

相手の女性より仕事!忙しさを理由に断ることが多い

アクティブに動く男性

好きでもない女性から誘われたら、「行きたくない」と思ったときにふっと口をついて出る断り文句が「仕事が忙しくて」というもの。

既婚男性なのですから、「僕は既婚だから、奥さん以外の女性とデートなんてできない」と誠実に断ればいいものを、本当にどうでもいいと思っている相手には、そこまで自分のことを伝えて断る必要はないと思っているのです。

だからこそ、一番使いやすい「忙しい」を理由にして断るようになります。

もし、相手の女性に対してある程度好印象を持っているのであれば、告白されたり、二人で出かけないかと持ちかけられたときには先ほど紹介したとおり、誠実に「自分にその気はないんだ」と、必要以上に相手の気を引き続けるようなことがあってはならないと突き放す選択をします。

相手に対して嫌いであったり、または何とも思っていない男性は、相手のことまで考えるようなことはしないので、「とりあえず断って自分が行かないことになればそれでいい」としか思いません。

そのため、仕事が忙しいことを理由に適当に断ってしまうのです。

「みんなで行こう」…二人きりにはなってくれない

みんなでパーティー

食事に誘っても、映画に誘っても、「いいよ、誰誘う?」なんて発言があるようでは、その男性は脈ナシだと捉えていいでしょう。

女性側の気持ちを知っていて、その上でそういった発言をするようなら、確信犯で相手の女性に対して「君には興味ないんだよね。」ということを伝えようとしています。

女性側の気持ちを知らずに…というのであれば、最初はそういった発言をしたとしても、気持ちを伝えたら二人きりでのデートをOKしてくれた…なんてこともあるので、女性の気持ちを相手の既婚男性が知っている上で、誘ってみて、その返答をチェックしてみることをおすすめします。

好きでもない女性とリスクを冒してまで二人きりで出かけたいとは思わないものです。

かといって、冷たく「行きたくない」ともいえないので、「友達と」とか「会社のみんなで」なんて危機回避の言葉をくっつけてOKを出すのであれば、気持ちがない、脈ナシだととらえていいでしょう。

既婚男性の一番の予防線?家族の幸せエピソードを披露してくる

家族連れ

既婚男性にとって、興味のない女性、自分が好意を持っていない女性を遠ざける一番の予防線になるのは、“家族”の存在です。

子供がいれば子供の話、子供がいなければ奥さんとの仲良しエピソードなどを頻繁に話してくるのであれば、その男性は相手の女性に対して何の好意も持っていないといっていいでしょう。

しかし、これも相手の女性の好意に気づいているかどうかがポイントになります。

あなたが好意を寄せていることを彼に伝えていない中、彼が自分の家族のエピソードを嬉々として話してくることで脈ナシなんだと勝手に判断して彼のもとを去ってしまっても、彼からすれば「まさか彼女が自分に好意を持っているなんて…」「知っていたらあんな話しなかったのに…」となることもあるようです。

特に、社交的で誰にでも優しく接することができるコミュニケーション能力の高い女性は、こういった場面で傷つき、損をする可能性が高いといえます。

基本的に、男性は自分が興味を持っていたり好意を抱いていると認識した相手の女性に対して、自分の家族の話はあまりしようとはしません。

必要に迫られればすることはありますが、自分から余計な話をすることはないのです。

「口を開けば家族の話ばっかり…」とうんざりしてしまうくらい、家族の話が多い男性は脈ナシだと考えたほうが良さそうですね。

既婚男性の言動と行動から読み取る。隠された本音を知る方法

大前提?!男性の本音はわかりにくいもの…根気強くチェックして

気持ちが知りたい

男性の本音を知るには、まず“男性はなかなか本音を言わない生き物なのだ”という認識を持っておくことが大切です。

それによって、ある程度心にゆとりを持つことができるようになり、彼の本音を自分の思うように引っ張りだせなかったとしても、イライラしたり、彼に八つ当たりしてしまったりすることを防げるようになります。

「好き」とか「愛してる」というたったひと言すら、発するのに躊躇する男性も多いですし、「私のこと、ちゃんと愛してる?」「私のこと、どれくらい好きなの?」なんて質問に女性が納得いくだけの答えを言葉にして伝えることができる男性なんて、とっても希少な存在なのです。

女性よりも自分の感情を言葉にするのは苦手だし、かといって女性が喜ぶような行動を自分で思いついて行動できるかといえば、それも人それぞれで得意な人もいれば苦手な人もいる…。

つまり、言ってしまえば男性の本音というのはとってもわかりにくいものなのです。

たった一つの質問や、一日一緒にいただけで彼の本音を知ることというのはまずできないと思っておいたほうがいいでしょう。

既婚男性の本音を聞きたいのであれば、じっくりと、時間と手間をかけて、調べていくに限ります。

彼の本音が知りたいなら“マイナス思考で質問”がおすすめ?!

風になびく髪

彼の本音を知りたいなら、「私のこと好き?」とか、「愛してる?」なんて質問のしかたは避けましょう。

そういった質問をしても、あなたに対して彼がプラスの感情を持っていなかったとしても「好きだよ。」とか「愛してるよ。」と答えざるを得ません。

もし、好意を持っていなかったとしても、お世辞でプラスの返事をすることは恋愛関係でなくてもよくあることなのはご存じのことと思います。

「好き?」と聞かれて「…好きじゃない。」とハッキリ答えられるようなメンタルの強い人はなかなかいないものです。

そのため、前向きな質問よりも、後ろ向きでマイナス思考な質問のほうが彼の本音を引っ張り出しやすいと考えられます。

彼があなたのことをちゃんと好きでいてくれているのであれば、「最近、あんまり連絡くれないけど、私に何か悪いところがあったのかな?」と聞けば、彼は「そんなことないよ。」とか、「実は○○って言葉が気になって。」など、返答にプラスアルファで言葉を付け加えてくれるはずです。

反対に、どうでもいいと思っているなど、脈ナシの場合には、適当にかわされて終わってしまうことでしょう。

彼の本音を知ることができるというメリットの他に、「Yes」とか「No」というひと言の言葉ではなく、彼自身の考え、彼の気持ちなど“彼という人間の意見”を聞くことができるというメリットがあります。

自分の考え、気持ちだけを押しつける恋愛は、うまくいきません。

お互いの意見を尊重し、お互いを深く知っていくためにも、“彼に語らせる”機会を設けてみましょう。

おすすめなのは“彼日記”!嬉しかったこと、悲しかったことを全部書いておく

日記を書く女性

好きな人への気持ちには矛盾はありません。

そのため、いつ、何時、同じ会話になったとしても、発言にブレがないのが特徴です。

彼に言われて嬉しかったことや、彼に言われて心に引っかかったこと、悲しいと思ったことなど、様々な思い出の言葉があると思います。

彼に言われた言葉や、彼にしてもらって嬉しかったことなどだけを書き綴る日記をつけてみるのもおすすめです。

それを見返すことで、彼がいい加減な気持ちで発言しているのか、それともブレがなく、素直にあなたへの気持ちを伝えてくれているのかというところの切り分けができるようになります。

普段の出来事を書く日記の中では、どうしても彼の発言などすべてを書くことが難しくなってしまいますので、スマホのアプリなどの簡易的なものでもかまいませんから、“彼日記”をつけてみてください。

数日では彼の本音を知ることはできなくても、言動を積み重なっていく中で、だんだんと彼のあなたに対する気持ち、本音がハッキリと見えてくることでしょう。

もし辛い思いをすることになっても、彼の本音を知りたい!と願う女性におすすめの方法です。

恋愛上級者に学ぶ!既婚男性に連絡させるおすすめのテクニック

ぐっと堪えて…連絡をしないという方法

スマホとにらめっこ

彼が連絡してくれないなら、あえて自分からも連絡をしない!という方法で、彼から連絡をもらうことができる場合があります。

ただし、前提としてこれは彼がある程度の好意を自分に持っていると確信できているときだけに有効な方法です。

彼の気持ちが分からない場合には、イチかバチかの賭けとなってしまいますので、あらかじめ覚悟しておきましょう。

男性の中には、女性から連絡が欲しくて自分から連絡しないという場合もありますし、本当は連絡したいけど状況によって連絡できないという場合もありますが、どちらにしろそれは相手の女性のことが好きだという気持ちはあり、連絡を取りたいと思っている気持ちは強いわけです。

それでも女性から連絡が来なければ、自分が放置して連絡しなかったことに不安を覚え、連絡をしようとします。

あなたのことを好きだと思っているのであれば、彼はあなたが自分から離れていってしまうのではないかと心配になり、慌てて連絡をするので、あなたはそれを待っていればいいだけです。

もちろん、彼から連絡がきたときには、本気で怒ることはないようにしなければいけません。

「なんで連絡くれないの?」と彼を責め立てて自分から連絡したことを後悔させてしまうことのないように気をつけてくださいね。

「寂しかったよ」とか、「連絡しようと思ってたらLINE(メール)くれて、すごく嬉しかった」と連絡をくれたことへの感謝や、甘えるようなひとことを付け加えてあげると、彼も「自分から連絡を入れて良かった」と思えます。

急かさない!返事を期待するようなLINE・メールは送らない

ジャケットを着た女性

いくら彼から連絡が欲しいからといっても、質問攻めにするようなLINEやメールの文面は彼を追い立ててしまいます。

「返事しないと怒らせちゃうかな?」「いや、もしかしたらもう既に怒っているかもしれない」「早く返信しなくちゃ」とだんだんと彼を追い詰めていくことになってしまいます。

“返信して欲しい”という気持ちを前面に押し出した内容の文面は、連絡をくれない既婚男性からしたら、ストレスになってしまう可能性が大きいのです。

なぜ連絡をくれないのか?という理由によってではありますが、できるだけ質問攻めになるような連絡のしかたを避け、“返信するもしないもあなたの自由”という軽い内容で連絡をしてみるようにするといいでしょう。

その中で、彼の好きなもの、彼の興味があるものについての内容にすることを心がけてみましょう。

「あなたの好きな漫画、今日コンビニで新刊出てたね!」とか、「あなたの好きなアーティストのCD、買おうと思ったんだけど、どれがいいのか分からなかった…!」なんて内容でいいのです。

自分の好きな話題にはつい近づきたくなるもの。

彼が思わず返信してくれることもあるかもしれません。

彼の興味をつつきつつ、あなた自身の我はあまり出さないように気をつけることで、彼に“連絡しやすい”と思える環境を整えてあげるのです。

「本当に?!じゃあすぐに買いに行かなきゃ!」とか、「だったら○○ってCDがおすすめだよ!俺の好きな曲、あのCDに入っているから!」と教えてくれることでしょう。

彼の生活パターンを把握した上で上手にタイミングをはかること

店の外で電話する女性

彼から連絡をして欲しいと思うのであれば、まずはあらかじめ、彼の生活パターンをしっかり把握しておくことをおすすめします。

彼と連絡がとれるのは何時から何時までなのか、何曜日は連絡をとることができないのかということをちゃんと理解しておかなければいけません。

相手の都合を考えずに、連絡をしてしまうと、彼はあなたから連絡がくることを恐れるようになってしまいます。

あなたとの関係が周囲にバレる…特に奥さんにバレてしまうことが怖くて連絡がなかなかとれないと思っているのであれば、おかまいなしに連絡をしてくるあなたの存在が驚異になってしまうのです。

「俺は連絡を我慢しているのに、何で彼女は好き勝手に連絡してくるんだ!バレてもいいのか?!」と苛立つ気持ちも出てくることでしょう。

今連絡をもらったら危ないというタイミングで連絡をもらえば、当然返事はできませんし、連絡するチャンスがなかなかないなら、そのまま返信できず放置してしまうことにもなります。

反対に、連絡がとりやすいタイミングでLINEやメール、電話をくれれば、返事はできますし電話にも出られますから、連絡をとることができるのです。

彼のライフスタイルを尊重し、独身女性よりも自由が少ない既婚男性にできるだけ歩み寄り、連絡をとるタイミングを合わせてあげることはとても大切なことです。

そしてそれと同時に簡単そうでなかなか難しいことでもあります。

相手の生活パターンを知り、それに合わせて連絡をもらいやすい時間帯に自ら連絡をしてみる…反対に、彼が連絡がとれない時間帯には絶対に自分から連絡をしない。

これで、彼が「彼女は自分のことをちゃんと理解してくれている。もっと大切にしよう。」と思えるようになるのです。

大切にしようと思えば、これまでよりももっとあなたのことを好きになります。

男性の愛情というのは日々の積み重ねで大きくなっていくもので、一度好きという気持ちが構築されれば、ちょっとやそっとのことではその気持ちが崩れ去ることはありません。

彼の良き理解者であり、いつでも腕を広げて彼を受け止めてあげられる心の広さと余裕をアピールすることができれば、彼から自然と連絡をくれるようになります。

意地の張り合いにならないように!素直に希望を伝えてみるのも◎

花と女性

なかなか連絡をくれない既婚男性に対して、苛立つ気持ちが出てきてしまうのは仕方のないことです。

しかし、その連絡をとっていない期間こそ、自分自身を冷静に見つめ直し、彼を追い詰めてしまっていないか、彼に無理を強要していないか、ちょっとワガママになりすぎていたのではないかと改善点を見つけることができる時間でもあります。

また、何故彼が連絡をくれないのか、自分のことを本当はどう思っているのかについて、普段の彼を振り返って考える良い機会にもなります。

連絡をくれないことに苛立ち、「次に連絡がきたらがつっと言ってやろう!」なんてイライラしながら過ごすのはもったいないことです。

もちろん、「意地でも連絡するもんか!!」と意固地になって彼に連絡をしないというのも、二人の関係を決して良い方向には持っていきません。

連絡の頻度=愛情の深さではありませんし、先に連絡をしたほうが相手のことをより愛しているというわけでもありません。

彼と連絡をとっていない間に二人の関係を冷静に見直して、どう行動すべきか、どう行動すれば二人の関係がさらに良い方向へ向かっていくのかを第一に考えてくださいね。

そうすれば、連絡の頻度は少なくても、その連絡頻度を徐々に増やしていくことができたり、連絡をとらなくても十分に愛情に溢れた関係を築いていくことができるのです。

 

おすすめの記事